たまには銀座で気分がアガる上品パフェはいかが?和食ランチも絶品な老舗の名店へ!

せっかく銀座へ行くのなら、カフェもランチも間違いなく満足できる店を知っておきたい。

そして初めてでも入りやすくて、店内も料理もおしゃれなら最高だ!

老舗の名店が生まれ変わった『銀座風月堂』が、パフェや和食が美しくて絶品と話題沸騰中なのだ。

職人や板前とコミュニケーションをとりつつ、本格的な和菓子や割烹料理を楽しんで欲しいという思いから、カフェと割烹、それぞれにカウンター席が設けられている

銀座に行くなら絶対にオススメ!センス抜群な老舗の名店へ

明治5年創業の老舗和菓子店『銀座風月堂』が、2018年5月に割烹も併設した和喫茶にリニューアル。

この店が、味わいも見た目もセンス抜群だと話題を集めているのだ!

職人が心を込めて作り上げる和菓子の伝統も残しつつ、季節のフルーツやハーブを取り入れたパフェや、和風サンドなど新たなメニューが味わえる。

「風月堂パフェ 和製ハーブの香り、季節の柑橘と共に」(2,300円)※各種お茶付き

和製ハーブ使いに技あり!
銀座ならではの“大人パフェ”だ!

まずは人気沸騰中の「風月堂パフェ」を紹介しよう!

6~8月に提供されるのは「風月堂パフェ 和製ハーブの香り、季節の柑橘と共に」。

最大の特徴は、木の芽や花穂紫蘇といった和のハーブの香りをスイーツに取り入れている点。見た目も味も芸術的な一品だ。

和製ハーブがいいアクセントになり、今までにないインパクトある美味しさなのだ!

インパクト抜群の一口目で虜に

パフェのトップは、国産生姜とハチミツのエスプーマと花穂紫蘇。一口食べれば「大人の味!」と思わず感嘆するだろう。

柔らかな甘みと、奥に感じる生姜のスッキリ感、紫蘇の香りのハーモニーが忘れられない美味しさ!

パフェの層を作るのは、ショコラブラウンアイス、河内柑(かわちかん)のマリネ、シャンパンブランソルベ、米粉のクランブル、木の芽など。

全11種の味が軽やかなリズムを生みだし、次はどんな味に出会えるのだろうとワクワクするパフェなのだ!

カウンター席なら作る工程も楽しめる

美しいパフェづくりをじっくり見れる特等席も!

またカフェスペースのカウンター席ならば、美しいパフェをはじめ、スイーツが作られる工程も目の前で楽しむ事ができるのも魅力。

職人の手により丁寧に作られる工程を眺めていると、「あれはどんな味わいなのかしら」、「次はこれも食べてみたい」と楽しみがどんどん膨らんでしまう!

「冷たい山椒汁粉」は、7月1日~31日まで開催中の「夏の新作和菓子とガラスの器の美しい共演」(2,500円)の一皿として供される

ほどよい塩気と香りが最高!
「冷たい山椒汁粉」も絶品!

「和菓子工房で作る自家製餡の美味しさを知って欲しい」という思いで、今夏から提供を開始した「冷たい山椒汁粉」にも注目。

木の芽と山椒が爽やかに香り、塩気が効いた一品は、暑い夏にこそ食べたいスイーツだ!

他にも和喫茶スペースでは「木の実と果実の羊羹テリーヌ」や、軽食の「塩サバの和風チャバタサンド」など多彩なメニューが揃う。

また、ガラス作家・谷口嘉氏の作品など、器にもこだわりが光る。銀座でちょっと一息つきたい時に『銀座風月堂』を訪れれば、上質な午後のひと時を過ごせるはずだ。

「木の実と果実の羊羹テリーヌ・白」(1,700円)各種お茶付き

「木の実と果実の羊羹テリーヌ・黒」(1,700円)各種お茶付き

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo