先週のアクセスランキング!1位は、「私もう36歳なの、譲ってよ」突然押しかけてきた女に、“夫”がしたショックな行動

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“然押しかけてきた女に、“夫”がしたショックな行動”に“結婚前の女が、他の男の家で朝をむかえたワケ”から“14歳年下の女にハマった男が、こっそり企んでいたこと”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「私もう36歳なの、譲ってよ」突然押しかけてきた女に、“夫”がしたショックな行動

「あなたが、柚木真帆さん?」
「そうです。失礼ですが...」

なんとなく嫌な予感がしていた。そして、その予感は当たってしまうこととなる。

「突然すみません。私、牧野唯香と言います」

ーユイカ・・・。

確か数日前、健吾に電話をかけてきた女性は、間違いなくこの名前だ。まさか直接、私に会いに来るなんて。

続きはこちら

★第2位
在宅勤務で昼食の悲劇。セレブ妻が知ってしまった完璧な夫の本性とは?

「あの人が、こんな最低な男だったなんて。結婚したことを後悔したわ!」

葉月の夫・弘明は、12歳年上で、とある法律事務所のパートナー弁護士。年収は、5,000万を超えると聞いた。

一回り下の葉月のことを溺愛しており、誕生日や記念日は、それはそれは豪華なものだった。葉月も葉月で、セレブ妻ライフを満喫していて、夫婦生活に文句はないと言っていた。

そんな2人に亀裂が入ったなんて、よほどのことがあったのだろう。

−まさか、弘明さんが…こんな時に!?

続きはこちら

★第3位
「酔ったはずみで、彼女を・・・?」結婚前の女が、他の男の家で朝をむかえたワケ

「落ち着いて話をしよう」

舞にコーヒーを渡してから、ダイニングチェアに浅く腰かけた僕はそう切り出した。

だが、自覚している。慌てているのは僕だけで、舞は起床してからずっと落ち着いているのだ。

「昨夜の出来事を、正確に教えてくれない? 2軒目のバーには、4人で行ったよね?」

続きはこちら

★第4位
「私達ってどういう関係?」女の禁句に対する男のウマすぎる回答とは

「よっしゃ〜!今日も身体は入れ替わったままだな。昨日言ってた“とっておきの予定”ってなんなの?」

昨日のデートを成功させたことに味をしめた僕は、女子大生としての生活が楽しくてたまらなくなっていた。

「今日は武道館でCOMPLICATIONっていうバンドのライブがあるの!大ファンって言ってたよね?」

「コンプリ?!インディーズ時代から大ファンなんですけど!最高のご褒美だな」

続きはこちら

★第5位
「僕が教えて、成長させてあげる」14歳年下の女にハマった男が、こっそり企んでいたこと

にっこり笑う彼女に、敏郎の頬も緩む。『銀座 ライム』で出会った夜以来、敏郎は優里菜と何度か会うような間柄になっていた。

連絡先を交換したのは、明子のいない空虚な時間を埋めるための食事に、ただ付き合ってもらいたかっただけだ。下心など特にない。

しかし、彼女は思った以上に前のめりで自分に近づいてきてくれた。どんなに夜遅くてもLINEはすぐに返してくれるし、食事の誘いもこちらが指定した日時で融通を聞かせてくれる。

その素直さは、敏郎に対する好意を感じさせるほどだった。

続きはこちら

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo