男子校男子 Vol.4

「慶應卒の商社マンなんて興味ない!」それでも女が彼を狙うワケとは?

多くのエリートを輩出している名門男子校。

卒業生と聞いてあなたはどんなイメージを持つだろうか。

実は、思春期を"男だらけ"の環境で過ごしてきた彼らは、女を見る目がないとも言われている。

高校時代の恋愛経験が、大人になってからも影響するのか、しないのか…。

前回:東大卒・IT経営者の29歳男が、女から受けた恐ろしい仕打ち


<今週の男子校男子>
名前:真司(27)
学歴:慶應義塾高等学校→慶應義塾大学経済学部
職業:総合商社
住所:麻布十番
彼女:恵梨香・ピアニスト(25)


初夏の風が心地よい日だった。日に日に緑は濃くなり、これから来る夏が待ち遠しくなる。

僕は友達との集まりで知り合った恵梨香と2回目のデートだ。上野にある東京都美術館の「日本三大浮世絵コレクション」を訪れていた。

ワンピースからのぞく華奢な手足。サラサラの長い黒髪に両手で包めそうな位、小さな顔。

「美術館付き合ってくれてありがとう。いつも1人で来てるから嬉しい」

大きな目をパチパチさせながら彼女はそう言って微笑んだ。

「僕は美術館にはめったに来ないけど、たまに来るといい気分転換になるね」

美術館に誘われた時、正直乗り気ではなかった。

だが北斎のダイナミックな浮世絵には美術に疎い僕でも圧倒されたし、恵梨香は満足そうでそんな彼女の笑顔を見ると心が安らいだ。

―俺も早く結婚して、子供ができたら一緒にキャッチボールして遊びたい。

帰り道に寄った夕暮れの上野公園で仲睦まじい家族連れを見て、ふとそう思った。



僕が卒業した高校は”慶應義塾高等学校”だ。

世間一般では塾高生は「派手で遊んでいる」と思われているらしいが、実情は汗臭い普通の男子校だ。

当時僕はサッカー一筋の部活少年で、大学でもラクロス部に所属してスポーツに打ち込んできた。

高校時代は部活ばかりで出会いがなかっただけで、別にモテなかったわけではないと思う。

部活を引退した後に渋谷のカフェでバイトして、女子校の子と数ヶ月だけ付き合っていたことはある。

今は総合商社で働いていて、来年から父親の会社に将来の後継者として入ることになっている。

僕の家は、横浜で祖父の代から倉庫業を営んでいる。世間的に見れば「お金持ち」と呼ばれる部類に入るだろう。

【男子校男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo