運命の人はBARにいる Vol.1

運命の人はBARにいる:「君とは結婚できない」失恋直後の29歳女が、ホテルのバーを覗いてみたら…

東京には、“出会いの引力”が働くバーがある。

同じ日、同じ時間、同じ場所に集う男女。

偶然となりに居合わせた人が、あなたの運命の人かもしれない…。

これは、出会えると噂の“東京のバー”で出会った男女のショートストーリー。

さて、今日出会った2人は…?


#1 ROOFTOP BAR アンダーズ東京


名前:彩香(29)
仕事:外資系通信会社勤務
相手:稔(32)広告代理店勤務


「土日はちょっとNGで…」

男の言葉に、彩香は「そうなんですか」と笑顔で返す。

―私は所詮、平日の夜にサクッと会う程度の女ってことね…。

金曜日の夜、彩香は虎ノ門ヒルズのカフェでお見合いをしていた。結婚相談所に入会して、3か月が経とうとしている。

彩香の様子に気づいたのか、男は話題を変えた。

「彩香さんは海外旅行がお好きなんですね。お気に入りの場所とかありますか?」

「2年前に行ったバンコクでしょうか…ルーフトップバーから見た夜景が最高でした!」

笑顔で答え、コーヒーを一口飲む。

お見合い相手は、35歳の公認会計士。条件はいいのに、本能的に全く惹かれない。会話に集中できないのは、そのせいだろう。

話が途切れがちになり、その度にコーヒーを口にする。

『お見合い相手に、トキメキなんて必要ない』

そう自分に言い聞かせ、気を取り直して笑顔で会話を続けてみる。

彩香はこれまで、結婚相談所なんて自分には縁のないところだと思っていた。

スタイル抜群で、自由奔放な性格。「目を離したらすぐ誰かに奪われそう」なんて言われ、彼氏が途切れたことがなかった。

別れを切り出すのは常に自分からだったし、その後も未練を残したりすることはなかった。

だけど、ある“過去の恋”が彩香を変えたのだった。

【運命の人はBARにいる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo