東京テラス族 Vol.3

最初は、そんなつもりじゃなかった…。30歳の女が、14歳年上の男にハマった理由

—“何者かになりたい”。

東京で生きながら、漠然とそう願ったことはないだろうか。

田園調布で生まれ、私立一貫校で育った裕太(34)、同じく目黒出身の修二(34)。そして丸の内OLの優子(30)と、生粋のお嬢様である麗華(31)。

そんな4人がいつも集うのは、とびきりの雰囲気の中でお酒や料理が堪能できる、東京のどこかのテラス席。

複雑に関係が絡み合う、“テラス族”の男女4人。今ここに、熱くて切ないラブストーリーが始まるー。

◆これまでのあらすじ

裕太と優子はドライブ中に偶然、麗華が知らないオジさんと歩いているところを目撃してしまい…

▶前回:「う、嘘だろ…!?」34歳の男がずっと憧れていた美女の、衝撃のヒミツとは


麗華の場合。


今年の長かった梅雨もようやく明け、夏らしい気候となった快晴の土曜日。

—ブォン….

『天現寺カフェ』を出て彼氏の晃弘と歩き始めた、その時だった。車のエンジン音と共に、見慣れた車が私のそばを走り去っていく。

「あれ?裕太…」

咄嗟に私は、繋いでいた手を思わず振り払ってしまった。

「麗華、どうした?知り合いでもいたの?」

晃弘の優しい眼差しと少し低くて渋い声に、小さく頷く。

「うん。幼馴染の車を見た気がして…ごめん」
「そっか。それは気をつけないとな」

そう言って、また距離をとって車まで歩き始めた晃弘。どこかホッとしつつ、寂しい気持ちにもなる。

私たちの関係は、誰にも知られてはいけないし、見られてもいけない。

なぜなら彼は、私より14歳も年上。

そして何より、彼は既婚者だから 。

【東京テラス族】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo