キッチン・マン Vol.7

「元カノからの連絡って迷惑…?」復縁したい女と男の本音

モテる男は料理ができる?

近頃、「料理に目覚める男子」が増えてきている。

外資系IT企業で働く大智(だいち)は、食事はもっぱら外食かUber Eatsのズボラ男子。

だが、遠距離片思い中のスミレの気を引きたくて料理を始める。

ステキ料理男子ができあがるまでの料理と恋のストーリー。

▼前回までのあらすじ

大智はスミレに告白したが、返事を保留にされている。一方、大智のことが忘れられない元カノ・慶子は、思い切って章二に連絡してみたが…


「そういえば、昨日慶子ちゃんと飲みに行ったよ」

章二の唐突な言葉に思わず、青島ビールを吹き出しそうになる。

仕事帰りに大智は章二と『一味玲玲』で飲んでいた。

「マジか。何でそうなるんだよ」

2人は何度か顔を合わせたことはあるが、性格が正反対だからか盛り上がって......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
おお‼️大智良かったじゃん😊
ますます料理の腕上げてほしいなぁ😉✨
2020/07/03 05:1988
No Name
料理始めたら掃除まで行き届くようになるんだ
そのあたりはすごく素晴らしい
ただ、料理の傾向が大分偏ってる(笑)
結婚生活の中ではたまに作ってくれる部類であって日常じゃない
カオマンガイは私の中の日常じゃない
唐揚げ、煮物、煮魚、中華、そういうの作ってくれたらいいな
2020/07/03 05:4058返信6件
No Name
自分で何も出来ない子供はしょうがないけど、結婚で手間や負担が増えると思う相手はダメだと思うな。
大人2人が分担して生活するんだから、楽にならないとおかしいじゃん。
大智はその点、大丈夫そうに思えるからお付き合いに乗り出せたんだよね!料理さまさま!
2020/07/03 06:1634返信3件
エンジニア
この小説、私個人の感覚では、東カレ小説の中ではダントツにリアリティと共感を感じます。
人生設計に悩む記者女子の会話もよくわかります。元カノの仕事に対するジレンマもわかります。あっさり脈無し扱いされていたのは気の毒でしたが(笑)

世の中は駐妻として海外に住みたい女、30歳近くなると自動的に結婚に焦り出す女ばかりじゃないっての!
2020/07/03 07:4326返信2件
No Name
毎回思う。
独身向けのサイズのナンプラーとかスイートチリソースとか柚子胡椒とかの調味料系販売してくれないだろうか…。
小分けになってるのとかあったら絶対買うのに。
そんないっぱい使わないから、賞味期限内に使いきれないんだよねぇ。
2020/07/03 08:4619返信4件
もっと見る ( 44 件 )

【キッチン・マン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo