アンティカ・トラットリア シュリシュリ

アンティカ・トラットリア シュリシュリ

ミネストラを通して
見えてくる真の贅沢

贅沢とはなんだろうか?『シュリシュリ』で「ミネストラ」を飲んだ時、そんな疑問が胸の内に浮かんだ。

一般的に贅沢な食事といえば、高価な食材を使った料理を指すことが多い。しかし高価=贅沢ばかりを追いかけていては、真実にはたどり着けない。逆に「コスパ」という言葉に振り回され、食品表示偽装にあたふたしてしまうのである。

『シュリシュリ』のランチには、パスタが何種類かラインアップされているが、嬉しいのは、そこに必ず野菜料理が一品入っていることである。ある日は、「ディータリ入りオルゾ大麦のミネストラ」(1300円)だった。野菜の出汁に、同寸に切られた、人参、ジャガイモ、セロリ、玉ねぎに、キャベツ、ヒヨコ豆、レンズ豆、大麦、小さいマカロニのディータリとパルミジャーノ。隠し味に生姜が入る。これに、黒キャベツだったり、スペルト小麦が入る日もある。

一匙すくえば、野菜類の甘みと香りが広がり、穏やかな気分を呼ぶ。豆は舌で甘くつぶれ、滋養を滲ませる。そこへ大麦とパスタの異なる食感が加わり、心を弾ませる。それぞれの味は突出せず、まろやかにまとまって、野菜や豆のありがたみを、深く心に感じさせる味わい。

僕は思う。これこそ贅沢なのではないかと。

●まっきーまきもと
"タベアルキスト"として、さまざまな雑誌で執筆する他、食通からの信頼も厚い『味の手帖』顧問も務める。早くて安くて旨い! 1000円台で味わえるパワーランチを提案


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ