恋のやめどき Vol.5

酔った勢いで付き合いだしたけど…。元カノの影に苦しめられる男

「この恋は、やめるべきでしょうか」

誰だって、きっと考えたことがあるはず。

彼が嘘をついていると気づいたのに、
彼女が浮気していると知っているのに、
一緒にいてつまらないと、お互いにわかっているのに、
それでも見えない、この恋のやめどき。

あなたは、この恋、どう思いますか?

前回は恋人になりきらない年の差男女を紹介した。今回は...?


好きでもない彼女と「恋」をした。



ーあなたには、人を幸せにすることなんてできない!ー

ー幸せを壊してるのは美奈の方だろ!ー

俊の頭の中で2人の声が鳴り響く。半年も前の出来事だというのに、そのやりとりは頭の中に、鮮明に残っていた。

「あのカップルの喧嘩、すごいですね」

横から聞こえてきた声で俊はようやく我に返った。振り向くと、注文したコーヒーを片手に持った亜紀が立っている。その頬は、先ほどのディナーで飲んだワインのおかげで、少し赤くなっていた。

「え?あぁ...」

遠目に見えるカップルは何を言っているのか聞こえないが、その表情は明らかに喧嘩をしているようだった。

「俺も、元カノとあんな感じだったなぁって思い出しちゃった」

ふぅーんと鼻から抜けるように言いながら、亜紀は俊の隣に座る。いつもより近い距離に座っているからか、香水のほのかに甘い香りが漂ってくる。

【恋のやめどき】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo