ぷりぷりのエビフライにタルタルソースが最高の幸せだ!大人にぴったりの名店5選


今日は揚げ物が食べたい!そんな時、がっつり肉だと重すぎる…という大人も多いのではないだろうか?

そんな時には専門店もできたりと注目があつまる、エビフライにタルタルソースがちょうどいい。

今回は、大人が楽しめる究極の海老フライをご紹介しよう!

サクサク衣とジューシーな車海老を使った贅沢な海老フライ

ジューシーな特大車海老は贅沢感たっぷり!『大五』

実直な人柄の店主、田中五郎さんは何事にも手を抜かない主義で、海老フライも例外ではない。

仲卸から直接仕入れる特大の車海老は丁寧な仕事を施し、繊細な旨みを花開かせる。

1本から頼めるので、贅沢なビールのお供にも良し。

濃厚な甘みがほとばしる、特大サイズの車海老

長さ15センチ以上はある特大の車海老は注文を受けてから下処理をする。

頭は落として内臓を取り除き、丁寧に筋を切ってから全体をしっかり押し伸ばす。

低温でじっくり揚げて海老の甘みを引き出す

牛乳を加えた卵液、粗めの生パン粉をつけて揚げる。1本揚げるのに140℃で10分ほどかかる。

コーン油で揚げるので、驚くほど衣が軽く、香りも良い。

ゆっくり育てるように芯までしっかり火を通す

身が太く大きいので、芯まで火が通るようにゆっくりと揚げる。

レアではないが、身がしっとりしてジューシーさを損なわないタイミングで火入れを止める。

まろやかでクリーミーな自家製マヨネーズが決め手

辛子やレモン汁、ビネガーを加えた手作りマヨネーズの優しい味わいが軽やかな海老フライとよく合う。

具はオーソドックスに茹で卵、玉ねぎ、ピクルス。

内観

ほっこりと、気兼ねなく過ごせる雰囲気の店内。

白金という立地ゆえ、近隣に住む大人たちのランチの場として、行列がなされることもしばしば。

シンガポールやNYにあって世界をリードする、最先端のカクテルバーを思い出す

しっとりバーで味わう、親しみある味 『BEES BAR by NARISAWA』

名店は数あれど、意外と二軒目に困る南青山。だから、このバーの存在は心強い。ビルの地階にひっそりあるが、足を踏み入れれば、一転して、スタイリッシュな大空間が現れる。

天井は高く、開放的。仄暗い店内のところどころでキャンドルライトが妖しく光っている。流れる音楽も実に快適。

成澤由浩シェフが目指したのは「様々な経験をした大人だから楽しめる」こと。

レストランと同じ「里山文化」がテーマだから壁面には存在感を放つ山の写真がズラリ。森に抱かれているような心地良さもある。

「エビフライ、タルタルソース」

肝心の酒はオリジナリティに溢れた、刺激的なカクテルをラインナップする一方で、フードは海老フライやカレーなど家庭料理を中心に揃えられている。

衣はサクッ、中はプリッと食感が楽しい“エビフライ、タルタルソース”。エビの香りも活きた揚げ上がりに高い技術力を実感。

タルタルはもちろん、ウスターソースも自家製というこだわり。スパイスの効いた特製ピクルスを付け合わせでいただこう。

飾られているのは飛騨高山を始めとした森の風景写真。森の息吹が聞こえてきそうな室内は、もちろん完全禁煙だ

「メニューはあえて親しみのある料理にしている」とのことで、二軒目に食べ馴れた料理が欲しくなる心理を突いている。

一見すると普通だが、クオリティはナリサワ級。

こういうバーを使いこなしてこそ、真の大人。そう思わせる先鋭性に満ちている。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo