今日は恵比寿で昼からランチデートはいかが?贅沢したい日の絶品メニュー4選

恵比寿駅から徒歩3分。恵比寿南交差点のほど近くに位置

本場点心師が作り出す極上の蒸し料理が味わえる『ル・パルク』

飲茶や点心を、おしゃべりしながらお腹いっぱい食べたい!

そんな時は、恵比寿駅から徒歩3分に位置する『ル・パルク』を訪れてみてはいかがだろう。

夜の席予約はもちろん、ランチであっても席のみの予約が可能という、使い勝手の良さが最大の魅力だ!

「蒸し点心 盛り合わせ」(1,360円)

まずなんと言っても外せないのが「蒸し点心 盛り合わせ」。

「海老餃子」、「ニラ餃子」、「蟹と海老の餃子」、「イカと大葉の餃子」の4種を楽しめる一皿だ。

人気は「ニラ餃子」。本場で修業を積んだ点心師が作り出す繊細で上品な舌触りの皮は、全ての具材それぞれの良さを引き立ててくれている。

「エビチョイフン」(780円)

続いては「チョイフン」。チョイフンとは、米粉と澱粉を水で溶いてつくる薄い皮で具材を巻き、蒸し上げた香港ではポピュラーな料理。

1日の提供数に限りがあるのは、この生地のつるんとした食感は出来たてでなければ、生み出せないためだ。

「豚のスペアリブ」(570円)

香港で点心と言えば、この一品と名を挙げる人も多いのが「豚のスペアリブ」。

柔らかく蒸し上げられた豚のスペアリブは、噛むほどにその旨みを感じられ、食べ進めるほどにその美味しさが深まっていく一皿だ。

「チャーシューまんじゅう」(520円)

香港の人気点心「チャーシューまんじゅう」もぜひオーダーしたいメニューのひとつ。

ふっくらとした皮に、特製のチャーシュー餡がゴロッと入った、贅沢な一品だ。

熱々をハフハフと頬張れば、ジューシーなチャーシューの旨みがジュワリと溢れ出し、堪らないひと時を堪能できるだろう。

高級感溢れる店内

同店では、点心や炒め物、麺やデザートまで100種近い料理を楽しめる。

今日は思いっきり点心・飲茶を楽しみたい日にこそ、大勢で『ル・パルク』を訪れ、思う存分好みの料理を堪能してみてはいかがだろうか?

プライムリブ

目の前でカットしてくれる分厚いローストビーフが絶品!『Lawry’s The Prime Rib恵比寿』

「恵比寿ガーデンプレイス」の地下2階にある「Lawry’s The Prime Rib(ロウリーズ・ザ・プライムリブ)恵比寿」。

なんといっても、この店の看板メニューであり熱狂的に支持されるメニューは、巨大な鉄製のシルバーカートで運ばれてくるプライムリブ。

客の目の前で肉がカットされる演出が、特別感を増してくれる。

重たい鉄製のカートに乗ってテーブルへ届けられるプライムリブ

どっしりと大きなシルバーカートに乗って運ばれてくる肉の登場シーンは、心に強く印象づけられるに違いない。

カーヴァー(肉をカットするスタッフ)のネイティブな雰囲気たるや!ビバリーヒルズに旅行に来ているかのような嬉しい錯覚に陥る。

カーヴァーの手でゲストの好みの焼き加減に近い部位をカット

鉄の扉の中からはカタマリのプライムリブがこんにちは。アメリカンなサイジング、ジューシィな質感、したたる肉汁……。

両サイドはウェルダン、中心に向かうにつれてレア度が高まるフォトジェニックな肉塊。

リズミカルに踊るナイフに切り取られたその様は、ローストビーフというよりもはやステーキである。

特別なトレーニングを積んだカーヴァーによるサービスに釘付け!

見た目からも伝わってくる柔らかな肉質は、ぷるぷるとジューシィかつ噛みごたえも十分。咀嚼する度、口一杯に旨味が広がる幸福感に思わず目尻がさがるはず。

肉と野菜で出汁をとったオージュソース、ポートワインを使ったグレイビーソースと相まることでさらに深みが増す。

スッとナイフが通る赤身肉。食べる箇所によって味わいが変わる

一人前(300g)が乗ったメーンプレートにデフォルトで添えられるのはクリーミィなマッシュポテト。

ほかにクリームドコーン、クリームドスピナッチ(ほうれん草)、バタードピース(グリーンピース)の用意があり、各々で追加ができる。

「恵比寿三越」の目の前。全320席を完備する広々とした空間

肉の切り方は一押しの「ロウリーカット」のほかに、ランチ限定薄切りの「ランチカット」、小さめの「トーキョーカット」、特大の「ダイヤモンド・ジム・ブレーディーカット」など、5種の中から好みにあわせて選べるので、カーヴァーに相談してみよう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo