嘘 Vol.9

「これって、どういう意味?」28歳女が忘れられない、男友達からの突然のキス

男女の友情ほど脆いものはない。

どちらか一方が恋心を持つと、絶妙なバランスは一気に崩れる。

満たされぬ思いを誤魔化すため、人は自分に嘘をつく。

満たされない女と男の、4話完結のショートストーリー集。

これまで、1話~4話は『片想い』、5話~8話は『運命の人』をお送りした。

9話~12話は『曖昧な関係』、恋と友情の狭間で揺れる、夏凛(28)と凌平(28)2人の物語をお届けする。


「もしかして、俺と結婚とか考えてたりする?俺、夏凛とは結婚する気ないよ」

平日21時の『ニューヨークグリル』

何か問題でも?というスタンスで、まるでビジネストークをするかのように、淡々と言い放つ男。

少し遠くには、サプライズのプロポーズが成功したのだろう、周囲からの祝福に包まれる幸せそうなカップルが見える。そんな2人を羨ましそうに眺めていた私をみて、突然彼が釘を刺してきた。

そして…この数日後、私はフラれた…。

数週間たった今でも、この対照的なシーンがフラッシュバックする。

「だから、俺は夏凛と結婚する気はないんだって。お前がそんなに結婚をせがむ女だとは思わなかったよ」

彼からの最後の言葉は、そんな感じだったと思う。

それなりにハードな仕事をこなし、周囲には「結婚はまだいいかな~」と主張しアネゴキャラを装っている私だが、実際のところ結婚願望は人一倍強い。

有名私立小学校からエスカレーター式で大学まで進み、卒業後はいわゆる人気企業で働いている。顔も悪くないし、まあまあモテる。親の力も多分にあるが何の苦労もなく生きてきた私は、取り急ぎ、“条件の良い男と結婚”というピースを手に入れたかったのだ。

だけど、そんな私の打算的な思惑は、28歳にしてあっけなく砕け散ってしまった。

―だからだと思う。

私に、思いもよらぬ感情が湧き上がってしまったのは…。

【嘘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo