恋愛依存症 Vol.2

男性陣が一斉に狙う、最強の31歳・モテ女。だけど彼女が誰にも言えない、本当の姿とは

童顔で可愛いルックスと、明るく物怖じしないキャラクター。男を振り回す天性のあざとさから、寄ってくる男はよりどりみどり。

ただし、それも交際前までー。

付き合う前はモテるのに、交際期間は最長3ヶ月。恋愛が全く続かない女。31歳の絵麻(えま)も、そんなうちの一人だ。

なぜなら彼女は、いわゆる「恋愛依存症」の女。重すぎて、いつも男に逃げられてしまう彼女が、幸せを掴む方法とは?

◆これまでのあらすじ

交際相手に依存し、恋愛に重きを置きすぎている絵麻。彼氏である倫也の家に内緒で上がりこむと、前の彼女と未だに会っていることが判明。不満をぶつけるが、追い出されてしまい…


「はぁぁぁ…」

思わず声に出してため息を漏らしてしまい、私は慌ててオフィスを見回した。

周りに聞こえたかと焦ったが、皆自分の仕事に精一杯のようだ。こちらに気づくどころか、声をかけるなというオーラさえ感じる。

デスクの上で充電しているスマホの画面には、さっきから不必要な通知ばかりが表示され、一番欲しいメッセージは一向に届かない。

あれから1週間。恋人の倫也には何十回も連絡をしているというのに、完全に音信不通だ。

『彼氏 音信不通 なぜ 復縁するには 男性心理』

午前中の打ち合わせがクライアント都合でリスケになったため、さっきからこのような検索ワードを調べては、誰かが書いた気休めにもならないネット記事を読み漁っている。

だけど、どれも書いてあることは似たり寄ったりだ。「こちらから連絡しないのが一番」らしい。

しかしそれでは、このままフェードアウトされても仕方ない、と言っているようなもの。

「三上さん、お疲れ様です!」

いきなり斜め後ろから声を掛けられ、慌ててChromeを閉じる。そこにいたのは、同じクライアントを担当している営業の橋田守だった。

私の勤めるインターネット通販会社では、マーケターと営業がチームを組んで仕事をする。私は中途で入社したが、今はこの入社3年目の橋田と一緒に、健康食品や美容商材を主に担当している。

「どうしたの?打ち合わせ、来週に変更になったよね」

「はい。えっとそうじゃなくて、すごく急なんですけど、今週の土曜日空いてます?営業とマーケの若手で毎年“芋煮会”をやっていて。二子玉川の河川敷でやるんですけど、来られませんかね?」

「…芋煮会?」

【恋愛依存症】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo