恋愛依存症 Vol.1

恋愛依存症:男にチヤホヤされるのは交際前まで。31歳のあざとい童顔美女が、2週間で捨てられる理由

プランタンを出ると空が暗く、私のかわりに今にも泣き出しそうだ。

ニーマンマーカスのセールで買ったサンローランのパンプスが濡れては困る。バレンシアガのエディターズバッグも雨には弱い。

だけどそんなことより、彼氏が今どこで何をしているのか、そっちの方がよっぽど重要だ。

マンションのエレベーターの中で、うるさい胸の鼓動に手を当てて落ち着かせる。

いきなり押しかけて困らせたらどうしようとか、居ないかもしれないという不安より、彼に会えるという嬉しさが優っていた。

エレベーターを出て、外廊下を弾むような足取りで歩く。まーくんの部屋の玄関まで、あと数メートルだ。

そのとき、玄関のドアが開くのが見えた。それと同時にドアの向こうから、さっき食べていたモンブランより甘ったるい声が聞こえてくる。

「ねぇ、バレンタインは過ごせなかったから、ホワイトデーは一緒にいて?」

わかったよ、となだめる低い声が奥から聞こえる。それは間違いなく私の彼氏の声だ。

胸の奥がチリチリと焼けるように痛い。

「じゃあ帰るね」と言いながら、彼の部屋から出てきたのは、一人の女性。私は、外廊下の角で呆然と立ち尽くしていた。

白のウールコートに、エナメルの赤いパンプス。カバンはサマンサタバサ。その女はすれ違いざまに私に気づくと、視線を外すことなく、見下すようにクスッと笑った。


すれ違った後、香水がやけに強く鼻に残る。

この女がいた部屋に入る勇気は、あいにく今の私は持ち合わせていない。まーくんは、私が来たことに気づいてもいないのだろう。

玄関の扉の前でボンヤリ突っ立っていると、携帯が震えた。

『ごめん。二日酔いでずっと寝てたわ』

まーくんからそうメールが届き、私は怒りでワナワナと震えていた。

感情に身を任せ、部屋の前まで来ていることと、今目撃した一部始終をメールにして一気に送りつける。スクロールしてもしきれないくらいの、ものすごい長文になってしまったが、思い切って送信した。

そして本心では、どうかこれを読んだら、焦って誤解だと言って追いかけてきて、と願っていた。

だが彼からの返事は、私が欲しかったそれではなかった。

『前から思ってたけど、お前のそういうところが面倒くさくて無理なんだよ』

こうして、私の方があっさりと別れを告げられたのだった。



ー2019年2月

甘酸っぱい学生時代の恋愛から時は流れ、社会人として9年目になった。

27歳までに結婚する。それは、私が学生時代に目標にしていたことだ。それなのにどこで間違ったのか、31歳になった現在、未だに独身でいる。

一方親友のレイナは、20代のうちにドレスが着たいと29歳ギリギリで見事結婚した。

「今の時代安定でしょ」と言ってそれまで付き合っていた経営者たちとは距離を置き、12個も年上の地方公務員を選び、栃木に引っ越してしまったのだ。

派手に遊んでいたレイナが堅実な相手を選ぶとは、意外だった。しかも東京にいなくなってしまったことが寂しく、すっかり取り残された気持ちになる。

私だけがあの頃と何も変わっていない。そんな漠然とした焦りに、日々襲われていた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
恋愛依存とかじゃなくて、普通に怖いよ。
距離感おかしい。
2020/02/29 05:2499+返信14件
No name
顔可愛くてもこれはアウトだわ…
結婚なんて絶対無理
2020/02/29 05:2699+返信2件
No Name
常軌を逸してます。
2020/02/29 05:1499+返信3件
No Name
31にもなってパパ、ママw
親も娘をちゃんづけで呼ぶw
2020/02/29 05:3061返信13件
No Name
過去に何回も同じことを経験してるようなのに…。要するに「学習能力」がないのね!笑
2020/02/29 06:1960返信4件
もっと見る ( 177 件 )

【恋愛依存症】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo