森脇慶子の「旬カレンダー」 Vol.16

フロリレージュ

Florilege

夏が終わっても食べ頃!? 鱧への認識が改まるひと皿

「鱧のグリエ 鱧のコンソメ仕立て」は¥10,500(税別)コースの1品で要予約。鱧に添えたのは6 ~ 10月が旬の緑竹の炭火焼き

祇園祭に天神祭―上方の夏祭りに欠かせぬ食材といえば鱧。“梅雨の水を飲んで旨くなる”と言われているように、夏が旬であることは周知の事実だが、実は秋にも旬を迎えることをご存知だろうか。

産卵後、冬に備えて食欲が旺盛になる9〜10月の鱧は、体の表面が金色を帯び、身も肥えて脂もグッと乗ってくる。俗に“金ハモ”などと呼ばれるこの時期が、いわば鱧のもうひとつの旬なのだ。

その“金ハモ”ならではの深みのある味わいを生かした一品が、ご覧の「鱧のグリエ 鱧のコンソメ仕立て」。川手寛康渾身の意欲作だ。

8年前に『京味』で味わった鱧尽くしの料理に感動。真の美味しさに開眼したという川手シェフ。

「僕にとって鱧の魅力は、骨切りした身の、しっとりとした独特の食感と香り」だそうで、その芳ばしさを引き出すため、湯引きではなく燻香を纏わせるように皮目だけを炭火でパリッと焼き上げている。それも、焦げぬように二回に分けて焼く細やかさ。炙られるうち身から滲み出る脂も、今が旬の鱧ならでは。

力強くもデリケートな旨みを、鱧の骨で取るコンソメが、より重層的な味わいへと引き立てる。

●もりわきけいこ
美味の食べ歩きに日々邁進し、綿密な取材と豊富な経験に基づく記事で定評のあるフードライター。真の旬を伝えるべく、その時期とっておきの美味にありつける名店を紹介


東カレアプリダウンロードはこちら >

【森脇慶子の「旬カレンダー」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ