格差婚~僕の3倍稼ぐ妻~ Vol.9

「私が苦しんでいた時にあんな女と…」知ってしまった夫の不貞。妻が下した、夫への罰

夫は外で働き、女は家庭を守るべき。

自分は、共働き賛成、バリバリ働く妻・大歓迎。

しかし、自分よりも圧倒的に稼ぐ妻を持ってしまったら…?

すれ違っていく、金銭感覚、価値観、ライフスタイル。

超ハイスペ妻と結婚した夫は、一体どうなる…?

◆これまでのあらすじ

同じ会社の美女・麻里亜との甘い一時を楽しんでいた康太。予想外に高くついた会計に驚きながらも帰宅する。すると、ひどく顔色の悪い玲がリビングでぐったりしていた。声をかけると玲は倒れてしまい…?


−まだこんな時間か…。

サイドテーブルに置かれた時計に目をやると、時刻は朝4時を回ったところだった。

普段、不眠などとは無縁の康太だが、今日ばかりは眠りが訪れることはなさそうだ。

昨夜のお酒と疲れで、身体がひどく重い。本当は一刻も早く寝て体を休めたいが、目を閉じると、どんどん不安や恐怖が渦を巻いて出てきて、頭が冴えてしまう。

玲が「ぐっすり眠れるように」と言って買った、質の良い枕もベッドも、今日は何の役にも立たなかった。

1人で眠るには広すぎるベッドで、康太はぼんやりと天井を見つめながら、あれこれ思いを巡らせた。

−もし玲が深刻な病気だったらどうしよう…。

康太の脳裏に、良からぬ想像が広がっていく。

搬送された病院では、明日にならないと精密検査は出来ないが、命に別状はないと告げられた。

生死をさまよう事態には至らなかったものの、病名がはっきりしたわけではないし、原因もよく分かっていない。

これから、病気との闘いが待っているかもしれないのだ。

明日の朝、もう一度面会に行くことになっているが、康太は不安で押しつぶされそうだった。

【格差婚~僕の3倍稼ぐ妻~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo