二子玉川&成城エリアは家族と行きたい名店ぞろい!ハイソな街の上質グルメ8選!

  • 「ローストビーフ」(2,500円)

  • 店内一番奥の特等席は記念日にも最適。3階にはパーティールームも備える

  • 「魚介いろいろ9種のオードブル盛り合わせ」(1,800円)。スモークサーモンやカルパッチョなど、その日の仕入れによって内容が変化

  • 「ブイヤベース」(2,500円)

  • レストランとはまた違ったシックな雰囲気のワインバー

  • 写真左から「2009 ブルゴーニュ・ルージュ/クロード・デュカ」(10,000円)、「2005 フィリポナ クロ・デ・ゴワセ」(30,000円)、「2017 シャブリ ler クリュ コート・ド・レシュ/ジュリアン・ブロカール」(9,500円)

  • 小田急線成城学園前駅北口から徒歩1分に位置

  • 「仔羊の藁包みロースト」。ソースはフォンドヴォーにマスタード少々とバターを。上にのせたマルドンの塩だけでも十分美味。直火にあてずに焼けばこその、ジューシーな美味しさだ。付けあわせはジャガイモ灰埋めロースト

  • 右.オーストラリア産の仔羊を増田農園の米藁と干したよもぎで包んで焼く 左.200℃のオーブンに出したり入れたりして焼きあげる

  • 「カプリチョーザ」。薪窯ならではの燻香がトマトの風味を引き立てる

  • 左.「ピッツァ ビアンケッティ」。シラスと生海苔がたっぷり。旬の味を堪能しよう 右.カウンター席では、薪のはぜる音を楽しむことができる

  • ポルトガル伝統の串焼き料理「エスペタータ」。たっぷりのグリル野菜、スパイスとハーブを効かせたソースと共に

  • 「イタリア産の栗と温菜のクリーム仕立てタリオリーニ」。香りの強いイタリア産の栗と白インゲンを合わせたソースがまろやかで余韻の残る味わい

  • 「きのこ、蓮根、茄子のビアンコ」。秋野菜で季節感を演出。セットのスープにも常時6~7種類の野菜を使用、サラダも付くヘルシーさ

  • 窓ガラスに木を配したカジュアルシックな店内は、コンパクトで落ち着ける雰囲気だ

  • 前菜の「金目鯛のカルパッチョ スカンピとメジナの白子添え」。金目鯛は皮目だけをさっと湯引きし、カラスミをふりかけている。半生のスカンピのねっとり感と白子の濃密さがよく合う(¥13,000のコースから)

  • 「羆のタリアータ」はメイン。羆は、北海道エレゾ社のもの。丁寧に下処理された羆に臭みは全くない。写真は4歳メスの内ももをミディアムレアに焼きあげている。しっかりと噛みしめるほどに野生ならではの滋味が滲みでる(¥13,000のコースから)

  • 「鮑の肝のリゾット 焼きうにと焼き白子添え」は、¥20,000~の特別コースの一品

  • この夏から店内のタンクで新フレーバーのビールを醸造予定

  • スッキリした味わいのセッションエール「フタコエール026」レギュラー。数量限定の「尾山台だだちゃのハムと香取農園新鮮お野菜盛り合わせ」

  • 盛り付けも豪快な「サフランのタリアッテレ オッソブーコ風」。サフランを打ち込んだ幅広のパスタに牛テールの赤ワイン煮込みを添えたピアットウニコ的一皿(¥13,000のコースから)

もどる
すすむ

1/33

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo