東京ミリオネア Vol.1

東京ミリオネア:月収5万から、年収2億へ。東京ドリームを手にした40代男が語る“お金の魔力”とは

年収が上がっても、幸福度は一定以上は上がらない…。

世間で言われているこの言葉は、果たして本当なのだろうか?

たしかに、年収3,000万も5,000万も、暮らしは大して変わらないのが東京の現実である。

であれば、1億円以上稼げば、さすがに違うのでは?

そこで東カレは、1億円プレーヤーが考える『お金と幸福感』について、東京ミリオネアたちへのインタビューを敢行した。

年収1億円を稼ぎ出す人が考える、お金とは?幸福とは?

ミリオネアたちの、リアルな声をお届けしよう。


【今週のミリオネア】

名前:杉山さん(仮名)
年齢:40代
年収:2億円
職業:会社経営、投資家
住まい:香港(1年の1/4)、東京(1年の3/4)
家族:香港に暮らす妻、子供2人


今回話を聞いたのは、7つの会社を経営する傍ら、エンジェル投資家として年1億を投資している杉山さん。

学生時代にアメリカでの留学を経験し、東京大学の大学院を卒業後、大手コンサルティング会社に勤務。その後、自身の会社を立ち上げ、東証一部にまで上場させた敏腕だ。

自身の会社の役員は数年前に退任したが、現在は幅広く事業を展開するなど、多忙な生活を送っている杉山さんに収入と幸福度の相関関係について聞いてみた。


―――現在の年収は2億円とのことですが、大学院を卒業されてから、どのようにして年収は推移していったのですか?

杉山さん:大学院を卒業後、26歳でコンサルティング会社に入社した当時は、年収1,000万円ぐらいでした。残業代がすごく貰えましたからね…。

元々、独立するつもりだったので、そのために勉強ができればとコンサルティング会社を選んだというのもありましたが、そこから3年間働き、結果的に独立するための資金も貯めることができました。

―――さすが大手コンサルは新卒でも高給ですね。となると、3年間働かれた後にご自身の会社を創業されてからは、年収がさらに増えていったのでは?

杉山さん:そんなこともないですよ。従業員の生活を第一に考えていたので、自分の収入に関しては、とりあえずは貯金を切り崩せばいいかなと。なので、創業2年目のときなんて、収入が月5万円なんてことも半年ぐらい続いていましたよ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo