季節の変わり目の疲れた体に効く!スタミナ満点のねばねばグルメ5選


秋へと移り変わり、暑かったり涼しかったり気候の変化がある季節。こんな時こそスタミナをつけておきたいもの。

ねばねばグルメを食べて、季節の変わり目を乗り切ろう!

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

皿まで持ち上がるかと思うほどの粘りの強さに驚かされる!自家製出汁醤油と本わさびで召し上がれ

天然自然薯でスタミナ補給を『自然薯はた屋』

中目黒駅から徒歩5分に位置する『自然薯はた屋』。中目黒の中でも閑静なエリアだけあって、お忍びで通う芸能人も多い名店のひとつである。

同店を訪れたらまず注文したいのは「自然薯と本まぐろの山かけ」。まるでお餅の様なモチモチとした食感と弾力をもつ自然薯本来の美味しさを堪能できる一皿である。

根焼きと呼ばれる、自然薯の表面を火で炙る作業の後にすった自然薯をそのまま使用。自然薯の独特の風味と滋味深い味わいをたっぷりと味わって欲しい。

また、同店で使用されている本まぐろは、築地の老舗まぐろ卸しから直接仕入れる一級品を使っているのというのだ。専門店ならではの贅沢な一皿である!

「本まぐろカルパッチョ仕立て 自然薯のあさつきソース」 ※メニューは時期によって変化する

続いて紹介したいのは「本まぐろカルパッチョ仕立て 自然薯のあさつきソース」。

こちらは、中トロのスライスをオイル漬けにしたあさつきソースと和出汁を混ぜ合わせた自家製ダレに漬け込こみ、その上に薄くスライスした自然薯をのせた一品。

自家製ダレの旨みがたっぷりと入った中トロで、自然薯を巻き込んで口に運べば、さまざまな美味しさが一気に口いっぱいに広がっていく。定番メニューの中では、特に人気の高い一品だ。

「自然薯のとろろ飯 漬け物付」

ここまで自然薯を味わってくるとやっぱり食べたくなるのが「自然薯のとろろ飯」だろう。

店主・畑谷さんも「やはり自然薯は、いいお米と麦を合わせたこのスタイルで食べてもらうのが一番美味しいと思っています」と太鼓判。

それもそのはず。まずお米はひとめぼれの一等米を使用し、自然薯の生とろをのばす出汁は2種のかつおと、羅臼昆布で丁寧にとられたもの。

同店では栃木県産または宮城県産の天然自然薯を使用している

アツアツの麦飯の上に、たっぷりとかけられたとろろ。そこに箸を投じ、一気にかき込む瞬間、誰もが日本人に生まれて良かったと心から感じることだろう。

自然薯のもつ滋味豊かな味わいと、丁寧にとられた出汁の旨み、そしてお米と麦の生み出す甘みが絶妙なコンビネーションで、その美味しさを引き立て合う。これこそまさに“究極のとろろ飯”と呼べる一杯だ!

テーブル席の他、カウンター席や個室も備える

カウンター席も備え、一人で利用しやすいのも嬉しい

1972年創業老舗スパゲッティ専門店の納豆スパ『ハシヤ』

1972年創業の老舗スパゲッティ専門店『ハシヤ』。

同店が提供するスパゲッティの特徴は、太麺で濃い味付けであること。これは創業当時から現在まで変わることなく守り続けられている。

メニューは全部で80種類以上。人気メニュー以外にも、ホワイトソースや、ミートソース系にも独自のアレンジが施されていて、訪れる度に新しい発見がある。

「ミートソースとナットウのスパゲティ」

なかでも注目したいのは「ミートソースとナットウのスパゲティ」。こちらは隠れファンの多いメニューで、好きな人はこれしか食べない人もいるほどだとか。

フォーム状に仕上げられた納豆がなんともスムーズな舌触りを作り出し、麺をするすると口の中へ滑り込ませる。

その滑らかさの中に、大豆やひき肉の食感や苦味を感じるという、なんとも画期的なレシピをぜひ味わってほしい!

豪快に鍋に流し込まれる自然薯にあちこちから歓声があがる!

リピーター続出のとろろ鍋『裏恵比寿 自然生村』

モデルや芸能人も通う名店『裏恵比寿 自然生村』。

なんとそのほぼ9割は女性客だという。そして一度来たらリピーターになること必至の美味しさなのだ。

同店を訪れたら迷わず「すりおろし自然生とろろ鍋」をオーダーしよう。

鍋が運ばれてきて、少し経つと今度はすり鉢にたっぷり入った自然生のすりおろしが登場!スタッフが豪快に鍋全体を覆うように流し込む様子は、思わず動画を撮りたくなるほどの迫力。

もちろん、パフォーマンスだけでなく味も抜群に旨い。秘伝の和風出汁に白菜、水菜、豆腐などの他、選べるメインの食材が入る。

「すりおろし自然生とろろ鍋」

鍋のメイン食材は、注文の際に選ぶことができる。「和牛のプリプリホルモン」は、厳選された和牛の小腸を使用しており、どんなに煮ても固くなりにくいという。

また、煮込むほどにホルモンのコクが出汁になじみ、シメの味も一層おいしくなるというのだ!

「とろろ雑炊」は、どんなに胃がパンパンでもねじ込んで帰りたい!

鍋をたっぷり堪能したら、シメには「とろろ雑炊」を注文して欲しい。これがもうシメにしておくにはもったいないほどの美味しさである。

鍋にご飯、溶き卵を投入した後に、すでにたっぷり入っている自然薯も追加!自然薯、ホルモンの旨みが和風出汁にギュッと濃縮され、その旨み全てをご飯が吸い込んでいく。

こんな贅沢な品が、美味しくないわけがない。リピーターが続出なのも納得の味である。

靴を脱いで寛げる座敷を24席備える

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo