インスタにアップした絶品グルメ、教えてください!東カレ男女の選ぶB級グルメ12選


人には誰しも、“無性に食べたいひと皿”があるもの――

それは懐かしい思い出の味だったり、ジャンクだけどふと食べたくてたまらなくなる料理だったりと、さまざまだ。

そこで、ラグジュアリーな美食もたくさん経験しているであろう、東カレ倶楽部メンバーのインスタグラムを覗いてみた……。

東京を謳歌する彼ら彼女らの、本能くすぐるひと皿に迫る!

モデル&インスタグラマー。新しいもの、話題のトピックを見つけるのが大好き。一押しグルメに出合ったらアプリ「Foodie」で加工してアップするのがお決まり。

@azuayuさんの投稿より

『イタリアン酒場 近所』の「トリュフオムレツ」

「月に一度のご褒美ごはんです。仕込みに5時間かけるという赤ワインとカシスの自家製ソースがとても香り良く美味しい。

目の前で削られるトリュフにうっとり。オムレツの中にも刻んだトリュフやトリュフオイルまで入っていて満足度◎」


■店舗概要
住所:渋谷区恵比寿西2-8-5 エビスS&Sウエストビル 1F
TEL:03-6712-7320

食品メーカー・開発。週5でグルメ活動にいそしむ。インスタには、たとえ映えなくても本当に人におすすめしたいと思える美味しい料理をアップ。

@amataaanさんの投稿より

『登龍 麻布店』の「特製手作り焼き餃子」

「がっつり食べたいときのランチはこれ!5個で2,100円という餃子らしからぬ価格を裏切りません。

均一な焼き目が美しい大ぶり餃子にかぶり付くと、肉汁がぶわっと溢れるサプライズ。満足度の高い一品です。気取らず、でも上品な雰囲気で、芸能人遭遇率も高いお店です」


■店舗概要
住所:港区麻布十番2-4-5
TEL:03-3451-0514

ウェブ制作会社・会社経営。和食、特に鮨店の開拓にいそしむ。日本酒や重めの赤ワインが好きだが、最近は鮨と麦焼酎炭酸割りのペアリングにハマっている。

@bikiyas35lifeさんの投稿より

『菜苑』の「純レバ丼」

「店主と父が仲良く、子どもの頃からよく通っている店。名物の純レバ丼は男の中の男飯。

仕事で煮詰まったとき、レバーに絡まったニンニクたっぷりの甘辛ダレと大盛りのネギが口に入ると、もやもやが一気に解消。活力が出ます(笑)。瓶ビールと餃子を合わせるのも」


■店舗概要
住所:江東区亀戸3-1-8
TEL:03-3637-9529

広告代理店・会社経営。多忙な仕事の傍ら、空いた時間には気になるお店を食べ歩いている。料理撮影のコツは、ポートレートモードで背景をぼかして撮ること。

@canana_aizuさんの投稿より

『Suage 渋谷店』の「パリパリ知床鶏と野菜カレー」

「地元の札幌で本店に通っていたお店です。渋谷に出店したのが嬉しくて、仕事帰りにひとりでさくっと食べに行きました。

パリパリの知床鶏はクセになる美味しさ。「チーズオン ザライス」カレーをまろやかにするのでおすすめ」


■店舗概要
住所:渋谷区渋谷2-22-11 渋谷フランセ奥野ビル B1F
TEL:03-6803-8270

フリーランス・PRコンサルタント。様々な分野のPRに携わり、美食巡りでグルメ情報もしっかりキャッチ。エネルギーチャージは肉&シャンパン、鮨&白ワインで!

@chieko.tanさんの投稿より

『いしがまや ゴク バーガー』の「BLTバーガー」

「仕事でエネルギーを消耗した時に食べたくなる、ハンバーグ専門店の本格的なハンバーガー。

ふっくらジューシーなパティは180gと食べごたえあり。美味しいだけでなく、豪快にがぶりとかぶりつけるよう手袋付きなのも素敵!」


■店舗概要
住所:渋谷区神宮前5-8-5 ジュビリープラザビル 2F
TEL:03-3409-1148

小売業・マーケティング。年間400軒の店を訪れるグルメブロガー。「東京グルメサロン」主宰。最近の長期休暇は山梨や長野などのワイナリーを巡る。

@hatsumiitouさんの投稿より

『千酉足』の「赤煮込みセット」

「0次会のサクッと利用に便利な一軒。レトロで活気に満ちた雰囲気が寛げる。店中央の大鍋の煮込みは眺めているだけで食欲増進!

5本セットで、うずらやシマチョウ、タンなど好みの部位を選べます。しっかり染みた濃いめの味がお酒のアテに抜群です」


■店舗概要
住所:新宿区新宿3-20-6 FSビル 8F
TEL:03-6384-1881

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo