先週のアクセスランキング!1位は、「私、あなたが羨ましい...」夫の友人妻が耳元で囁いた、意味深な言葉の真意とは

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“夫の友人妻が耳元で囁いた、意味深な言葉”に“27歳OLが抱える深い闇”から“傷心女に近づく、年下男の真意”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「私、あなたが羨ましい...」夫の友人妻が耳元で囁いた、意味深な言葉の真意とは

「あの…今日は皆さん、ご一緒に過ごされていたんですか?」

海野家が合流したことで急にぎこちなくなってしまった空気を変えようと、美希は隣の律子に向かってもう一度声をかける。

律子はチラと夫の山本の方を見やると、アイスコーヒーのストローを弄びながら気の無い声で答えた。

「ええ。朝からヒルトン東京お台場の庵スパのプールに行ってたのよ。美希さんたちもぜひ今度行ってみたら?」

続きはこちら

★第2位
幸せな家庭だと信じている妻には、絶対に言えない夫の秘密

「愛香、朝ごはん、パン焼く?それとも卵かけごはん?」

癒しの片割れへ大輝が質問すると、「ママと食べるぅー」という見当違いな答えが返ってきた。いつもは忙しいママを、独占できる日曜日の朝の喜びに溢れた娘が可愛らしくて、大輝はそれ以上追及することなく冷蔵庫を開けた。

世に言う、母親らしい母親、というわけではないかもしれないけれど、智の愛情はちゃんと娘に伝わっていると大輝は思う。けれど、智はいつもこういうのだ。

「私が母親で、この子は良かったのかな?私には母親の才能が無いかもしれないのに」

続きはこちら

★第3位
モテるのに“セカンド女”になり下がる、27歳OL。彼女が抱える深い闇

「お疲れ様でした。お先に失礼しまーす」

そう言ってそそくさと退出しようとする私を、いつものように課長が呼び止める。

「あ、笹原さん、ちょっと。この書類なんだけどさ…」

ーはぁ、またかぁ…。

私は面倒臭いと思いながらも「はい、何か不備がありましたか?」と従順な社員のフリをしてデスクへと向かった。

続きはこちら

★第4位
焦って男たちを誘いまくる女。30歳目前で、彼女の前に現れたイタすぎる男とは

優里は、ある男のLINEのプロフィール画像にドン引きしていた。

湘南の海で騒ぐギャル男(注:死語)でも遠慮したくなるようなミラーサングラスをかけて、マフラータオルを首に巻いている。

自己紹介には、“No music No life, yeah!”と、やたらとテンションの高いメッセージ。

しばしの間、ミラーサングラスの彼を見つめ、届いていたメッセージを開封してみた。

続きはこちら

★第5位
7歳下の男に誘われた、33歳の女。恋人に裏切られた傷心女に近づく、年下男の真意とは

ーわっ、もうこんな時間。約束に遅れる…!

私は急ぎながらも、なんとかきりの良いところまで書類を書き終える。この後13時半から、六本木にある『リオ・ブルーイング・コー・ビストロ・アンド・ガーデン』で、先日会った西村晴人とランチの約束をしているのだ。

彼とは、知り合いの仲間が集まった、いわば交流会のようなところで出会った。カジュアルな場だったし婚約者の浮気発覚直後だったので、何かを求めていた訳ではなかったが、なぜか彼から食事に誘われたのだ。

続きはこちら

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo