1/3のイノセンス ~友達の恋人~ Vol.1

1/3のイノセンス 〜友達の恋人〜:“親友”のレッテルを貼られてしまった女の悲劇

恋心の本質は、エゴイズムだ。

それが片思いなら、尚更。恋をすると、独占欲や嫉妬心に身体中を蝕まれ、イノセントな感情なんてきっと1/3にも満たない−。


広告代理店でコピーライターをしている橋本杏(24歳)は、同期の沢口敦史(24歳)に淡い恋心を抱いている。

“友達以上”の態度をとる敦史に期待してしまう杏。しかし敦史が恋人に選んだのは…あろうことか、杏を最も傷つける相手だった。


−ねぇ。私のこと、好き?−

半歩先を歩く広い背中に。
電車待ちのホームで見上げた横顔に。
そっと心の中で問いかけたのは、一度や二度じゃない。

沢口敦史。

あなたにとって私は特別?それとも…。



「おっと、時間だ」

デスクに置かれたスマホに横目......


【1/3のイノセンス ~友達の恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo