港区モード Vol.2

最後の男:「今日は帰らないでよ」ホテルのバーで口説いてきた男が、隠していた秘密

「向井さんってもしかして…?」

「あ、うんそう。これ俺の子ども。一応結婚してるから。なんていうか俺さ、こういうの隠しとくの嫌いなんだよね」

向井のアイコンは、幼い子どもと一緒に満面の笑みで映っている写真だった。そして向井は、悪びれるそぶりもなく自分が既婚者であることも、子どもがいることも認めた。




「あー、いるよね、そういうずるい男。既婚者っていうこと隠さずに遊ぼうとして、女にも罪悪感持たせようとするの」

白金のレストランで向井のことを薫さんに愚痴ると、「災難だったわね」と言いながらいつものように笑い飛ばしてくれた。

「なんか私、すごい反省しちゃった。孝太郎を裏切って、そんなとこに行ったからかなって」

本音をこぼすと、薫さんは笑ったまま無言で2回小さく頷いた。

私だって、自分でもわかっている。孝太郎という恋人がいながらあんな食事会に行っているのだから、向井ばかりを責められるような女じゃないってことを。私だって孝太郎のことを裏切っているのだから。

きっと、もう随分前から自分の中でも答えはでていたんだと思う。

私にとっての「最後の男」は孝太郎じゃない。

いつからか芽生えた小さな違和感を、「もういい年齢だから結婚したいし」とか「結婚向きな男だから、逃しちゃダメだ」なんて自分に言い聞かせて、見て見ぬふりをしてきたんだと思う。

でもやっぱり、自分をだまし続けることはできないし、しちゃいけないんだ。

「薫さん、私…孝太郎と別れようかな」

ぽつりと呟くと、薫さんは驚いた表情のあとに、悲しそうな目をして言った。

「そっか、残念だけど仕方ないよね」

自分が、どこで何を間違えてしまったのか。今の私にはわからないけれど、いつかこの決断の答えは出るはずだ。

別れを切り出したら、孝太郎は何て言うんだろう。怒る、悲しむ、あっさり受け入れる…。どれもありそうで、どれもなさそうに思える。

だからやっぱり私は、孝太郎のことを何もわかってなかったんだなと思って、急に可笑しくなって、泣けてきた。

すると薫さんが諭すように、こんなことを口にする。

「別に、たまに食事会に行くくらい、そんなに重く考えなくてもいいと思うけど?私だって…」

「え?まさか薫さんも行ったりするの!?」

思わず大きな声が出てしまい自分でもびっくりしたけれど、聞かずにはいられない。

「だって薫さん、旦那さんとすごく仲いいのに!」

つい攻めるような口調で聞くと、薫さんは小さく笑って、「でも、食事に行くだけだし」と言いながら不敵な笑みを浮かべるのだった。

▶NEXT:6月11日 火曜配信予定
薫が既婚者食事会事情を語る。そして千沙と孝太郎はこのまま別れるのか…?


今週の港区モード:「フェンディのロゴTシャツ」


上質なコットン素材にアイコンモチーフのバッグ バグズ アイをラバープリントしたTシャツ。主張の強い一枚をさりげなく纏えるのも、そのインパクトに負けない自信を秘めているからなのか……洗練された大人たちが集うラグジュアリーホテルのバーで、カジュアルにくつろぐその姿が答えだ。

ブルゾン¥283,000、Tシャツ¥57,000、パンツ¥79,000、シューズ¥87,000〈すべてフェンディ/フェンディ ジャパン 03-5414-6187〉、時計¥1,350,000〈ゼニス03-5524-6420〉、サングラス/スタイリスト私物


ポップなTシャツを選ぶ〝遊び心〞という名の余裕


イタリアのローマで1925年に産声を上げたフェンディ。当初は毛皮工房から端を発したが、現在は世界的に有名なラグジュアリーブランドにまで成長を遂げた。一方で創業当初から息づくクラフツマンシップが生み出した、遊び心溢れる一着がこちらのTシャツだ。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ男子に質問!エリア別出会いの場アンケート】

丸の内、銀座、六本木、渋谷、恵比寿、中目黒、代官山、表参道、世田谷近辺で
働いている、または住んでいる東カレ男子の皆様!

『異性と出会える店』『仲良くなれる場所』『よく行く店』をぜひお聞かせください。

ご回答いただいた中から抽選で10名様を『オンライン東カレNIGHT』へご招待させていただきます!

※回答所要時間:約2分

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/VTFWNML1

【港区モード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo