男運ナシ子 Vol.2

「もう、顔で男を選ばない」と決意した瞬間、運命の出会いが…?32歳女の前に現れた開業医の男

欠点のない、完璧な男などこの世にはいない。人には誰でも長所と短所があるものだ。

しかし、女性が絶対に許せない短所を持った男たちがいる。

浮気性、モラハラ、ギャンブル、借金、ストーカー…

そんな残念男ばかり引き寄せる女が、もしかしたらあなたの周りにもいないだろうか。

橘梨子(たちばなりこ)、32歳もその一人。人は彼女を「男運ナシ子」と呼ぶ。

この話は、梨子がある出来事をきっかけに、最後の婚活に挑む物語。彼女は最後に幸せを掴むことが出来るのか、それとも…


化粧品会社で働く32歳の梨子は、美人だが残念男としか付き合ったことがない"男運ナシ子"。恋愛を封印し、仕事一筋に生きることを密かに決めていた。

努力が実りプロデュースしたオーガニックコスメが大ヒット、会社のMVPを獲得する。そんな矢先、梨子は卵巣嚢腫で倒れてしまう。手術を終えた彼女は、生まれて初めて“女としての生き方”について考え始めたのだった。


「乾杯!」

手術から一か月後。梨子は西麻布の『亀吉』で陽菜と竜也に快気祝いをしてもらっていた。

梨子は入院生活中、普通に生活して仕事が出来ることのありがたみを実感した。

今日は大好きな同期の仲間と、ずっと食べたかったもつ鍋だ。濃厚な味噌ベースのスープと新鮮なもつが絡み合い、アツアツの鍋からは食欲をそそる匂いが香り立っている。

―あぁ、美味しい。元気になって本当に良かった…。

「梨子、退院してから雰囲気変わったね。前よりもっと綺麗になった」
「俺も思う。なんかクールな感じになった」

2人から口々に褒められ、つい顔がほころんでしまう。入院騒動で多少体重が落ちたことも関係しているかもしれないが、"変わった"と言われるのには梨子自身も心当たりがあった。

退院後、これまで仕事が忙しくて手つかずだったワードローブの整理をして、今の自分に合わないと思う服や小物はすべて捨てたのだ。

30代の自立した女に合う服を買い揃え、髪の毛もバッサリと切った。Theoryのワンピースにジャケットを合わせ黒で統一したコーデの梨子は、MVPを取った日よりも、さらに艶やかで余裕がある大人の女だ。

「うん!これ以上ないくらい休ませてもらったし、早く仕事したい。でもね、私これからは、プライベートも充実させようと思って」

竜也と陽菜には、今までの辛い恋愛もすべて打ち明けてきた。梨子が恋愛を封印して仕事に捧げてきた3年間を一番近くで見てくれていたのもこの2人だ。

だから、2人にはこの場で婚活宣言をしようと決めていた。今回の手術を経験して心に芽生えた、"最後の婚活に挑む"という強い決意を伝えたかったのだ。

ところが、竜也と陽菜は明らかに何か言いたそうな顔で梨子を見ている。

「でも…梨子…」
「どうせ、"男運ナシ子"って言いたいんでしょ」

これまでもさんざんそう呼ばれてきたから、前の梨子だったら、自分の男を見る目に全く自信が持てずにいた。だけど今は違う。

梨子は、入院生活中に自分の恋愛の何がいけなったのかを振り返ったのだ。

【男運ナシ子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo