最遅27時まで!実は深夜グルメが充実しているホテルダイニング6選

盛り上がった会の二軒目は、お酒だけだと物足りない。夜遅くから急に気になる相手や友人と会う話が出ることもある。

そんな時は、ホテルのダイニングというのも手。

大人の空間でいただける上質なお夜食がそこには用意されている。


LO23時過ぎ!さくっと行けてお腹も心も満たされるのはこの6軒!


ホテルのダイニングは終わるのが早いと思われがちだが、実はそんなことはない。

世界中から来るトラベラーをはじめ、多種多様な人に対応するホテルという特性ゆえ、夜遅くでもクオリティの高い食事ができることが多いのだ。

アクセスしやすく、予約なしでも気軽に入れるホテルダイニングは、知っておいて損はない。


【L.O.23:30】大人の遊び心とスタイリッシュさが揃い、華やかな金夜の締めくくりにもぴったり!

『カフェ』@ハイアット リージェンシー 東京

高層ビルが並ぶ西新宿のなかで、24時まで寛げると評判なのが「ハイアット リージェンシー 東京」の『カフェ』。

洗練空間に加え、都庁前駅から徒歩1分という立地も重宝される理由のひとつ。

店内はブリキのクルマやワインオープナーなどがディスプレイされた遊び心満載のデザイン。

壁添いのソファ席からグループに最適な円卓まで席の種類が豊富なのでさまざまなシーンの二軒めにも使いやすい。照明が暗めなため艶やかさも申し分なし。


遅くまで食事が豊富で、なかでも人気はマレーシアからのレシピを継承した本格仕様のナシゴレン(¥2,500 税サ別)だ。

エキゾチックなスパイスにワインも進み、さらに長居になるかも!?


【L.O.23:30】夜遊び上手のお楽しみは、飲んだあとの〆パーコー麺

『オールデイダイニング「ORIGAMI」』@ザ・キャピトルホテル 東急

パーコー麺にナポリタン、チキンバスケットetc.長年愛されている伝統メニューで有名なホテルだが、実はそれらの食事はLOがかなり遅かった!

飲んだあとの〆パーコー麺(¥2,600 税サ別)という流れが最高なので、一度はお試しあれ。


加えて、あの隈 研吾氏がデザインしたエントランスホールを抜けて店内に入るため、優雅さもひとしお。

テーブル席の間隔が比較的広いため、心おきなく話せるのも魅力だ。溜池山王駅直結であり、急な集合&解散にも便利すぎる!


【L.O.23:30】オールデイダイニングの代表格は、メニューの幅が広い!

『SATSUKI』@ホテルニューオータニ

数あるホテルのオールデイダイニングのなかでも、メニューのバラエティの数は都内随一。

23時半までオーダー可能な料理はなんと約40種!

昔懐かしい洋食メニューからステーキ、デザートにはソフトクリームもあり、選ぶ際についワクワクしてしまうはず。


ファンの多いハンバーグステーキ(¥2,900 税サ別)は、濃厚なソースにいけないと分かっていつつも白米が進んでしまう。

クラシカルなヨーロッパのホテルのような雰囲気の空間で夜を終えれば、こなれ感満載だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo