サヨナラH Vol.2

サヨナラH:普通の女が“モテ女”に変貌した理由。金銭感覚が麻痺した彼女の、危うい私生活とは

一つの時代が、終わりを告げようとしている。

「M T S H  年  月  日」

書類などで、生年月日を記入する欄に書かれている「M T S H」の文字。ここに、もうすぐ新しい文字が加わるのだ。

「H」という、31年と少し続いた時代が終わろうとしている今、東京カレンダーでは「H」を象徴するようなエピソードを振り返ります。

あの日あの時、あなたは何をしていましたか?

今回は、経営者の夫・10歳の娘とともに南青山の低層マンションでリッチに暮らす友里恵(37歳)が主人公。

彼女の人生を変えたOL時代・2005年に起きた、ある出来事とは?


いつの世も変わらぬ女たち


ヘアサロンからの帰り道。

骨董通りを歩く私は、吸い込まれるようにして『LADUREE青山店』に足を踏み入れた。

−ほんと、見ているだけで幸せ。

芸術的に美しいケーキたちをうっとりと眺め、どれにしようかと迷っていると、背後の客席から若い女性の声が聞こえてきた。

「聞いて。私、お金ないのにまた爆買いしちゃって。カードの請求がマジで恐ろしい」

「私もなんだけど。っていうか、女ってほんとお金かかる。20万そこそこのお給料で足りるわけがないよ」

振り返ると、世知辛い会話とは似つかない華やかな女の子たちだった。年は20代前半、だろうか。

手入れされた髪、メイクも丁寧で、ファッションもそれなりの物を身につけている。「綺麗になりたい」という熱意が、その外見からひしひしと伝わってくる。

…思わず、大きく頷いてしまいそうになった。まるで昔の自分を見ているかのようで。

20代前半。私も彼女たちとまったく同じ状況だった。いや、もっとどうしようもなかったかもしれない。

精一杯背伸びをして、見栄を張って。可愛くなりたい、愛されたいと願っていた。

そのためには、“身の丈”になど合わせていられなかったのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
出来すぎの展開ですね…そんな理解のある王子様、本当にいるのかしら💦
2019/03/25 05:3499+返信9件
No Name
白カプリの懐かしさに絶句!私も毎日髪をCanCam巻きにしてたな~周りも蛯ちゃんスタイルばっかり
少しずつViViとsweet派に分かれていったけど
2019/03/25 05:3099+返信6件
No Name
エビちゃんOLの数年下の世代です。
今でもエビちゃんは私にとっては特別なモデルさんで、雑誌に出てるとつい目を引いちゃいます♪
エビもえ優の3スタイル特集とか懐かしい〜笑
2019/03/25 06:0199+
No Name
プライドグライド懐かしい!
上品なのに凝ったデザインのスカートとかあって、かわいかったなぁ

最近、いわゆる赤文字系の雑誌もカジュアル過ぎて、青文字系と差が無い気がする
エビちゃんOLみたいな赤文字系ファッションは、今の時代でも全世代から好感を持たれると思うんだけどなぁー
2019/03/25 06:4496返信3件
バラ色の雫
エビちゃん、初めて美容院で雑誌で見たときは余りの美しさ、可愛さ、輝きに圧倒されて目が離せませんでした✨
洋服がバカ売れしてしていたというのも納得。エビバーガーのCMも覚えているし🍔、アネッサ🌞のCMも未だに記憶に残っています。特にキャンキャン愛読者ではなかったのに、ここまで人の記憶に残るって凄い・・❣️
2019/03/25 07:0872返信1件
もっと見る ( 96 件 )

【サヨナラH】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo