熱々の鶏白湯そばがたまらない!コク深中華を味わって体の芯から温まろう!

「牛スジ麻婆豆腐」(2,100円)

牛スジたっぷりの麻婆豆腐は酒もご飯も止まらなくさせる!

こんな絶品鶏白湯を使用した〆の料理は、食事ラストのお楽しみ。まずはビールや紹興酒とともに『蔭山樓』でしか味わえない一品料理を味わっていこう。

なかでも必食なのが「日本一ご飯に合うおかず」としてTVで紹介されたこともある人気メニュー「牛スジ麻婆豆腐」だ。

ゴロゴロと入った牛スジは、口に入れるとトロリととろける!

じっくり煮込んだ国産の牛スジをたっぷりと使用した麻婆豆腐は、食べ応えも満点。ピリリと効いた山椒も食欲を刺激してくれるのだ!

ご飯との相性も抜群だが、しっかりとした味わいでお酒もグイグイとすすむだろう。

「蔭山樓特製海老マヨ」(1本400円)。上にかかるヘーゼルナッツと胡椒もいいアクセント

蔭山樓特製の絶品“海老マヨ”も必食

“蔭山料理”と評されることもあるほど『蔭山樓』は、中華料理の枠にとらわれないオリジナリティ溢れる料理が豊富。

そんな同店を象徴する料理のひとつが「蔭山樓特製海老マヨ」。大ぶりの海老を、特製の衣を付けて揚げ、たっぷりと特製マヨネーズソースをかけた一品。

パクリと頬張れば、サクッとした衣、プリプリとした海老と食感の楽しさの後、ソースの美味しさが口いっぱいに広がり、思わず「もう一本!」と追加したくなるほど絶品。

このソースの美味しさの秘訣は、隠し味の梅。マヨネーズや生クリームでコクを出しながらも、梅が主張せずにひっそりと味を引き締めてくれ、爽やかで後を引く美味しさを生み出しているのだ。

「青菜と腸詰のガーリック炒め」(1,300円)

また他にも青菜、腸詰、パプリカ、木耳などを使用した「青菜と腸詰のガーリック炒め」や、「海老と卵のチリソース炒め」(1,600円)などの一品料理も豊富。

圧倒的な女性支持を得る『蔭山樓 恵比寿店』。女子会はもちろん寒い時期のデートに同店をチョイスすれば、喜ばれること間違いなしだろう。

恵比寿郵便局交差点のほど近くに佇む

全26席。パーテーションで仕切れる半個室もあり

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo