とにかくご飯が旨い店はここ!!中目黒の救世主的な「めしや」で新米おかわり!

お米が美味しい季節・秋。この時期にこそ訪れたいのが中目黒にある人気店『めしと汁 といろ』だ。

多数のおばんざいを揃え、自分好みの定食や晩酌セットを作れる同店の魅力を紹介しよう!

一軒家を利用して作られた店構えは、昭和レトロな趣が感じられワクワクさせてくれる

主役は美味しい“お米”と“お味噌汁”

中目黒駅から徒歩5分。目黒銀座商店街の通りから一本入った住宅街にひっそりと佇むのが『めしと汁 といろ』だ。同店を手がけたのは、中目黒の名店『日本料理・炭火焼 いふう』の亀田氏だ。

修業時代に任されためし屋の経験を活かし、いつか自分でも「美味しいお米を食べさせる店」をやりたいという想いで開業。主役はもちろん、生姜焼きでもマグロの刺身でもなく、“米”と“味噌汁”である。

ほっかほかに炊きあげられた白米が盛られたお椀を前にすれば、食欲がグングンわいてくる!

テーブルには十人十色の定食が並ぶ

昼時になると、美味しいお米と味噌汁を目当てに訪れるお客で、店内はあっという間に満席に。「ごはんセット」(500円)と、それぞれ好みのおかずを選び、注文。

敢えて定食という形にせずセルフセレクトにしたのも、自分の好きなものを好きな組み合わせで楽しんで欲しいという想いから。

それぞれが完成させる十人十色の組み合わせという意味が店名にも込められているのだ。

ご飯はおかわり自由なのも嬉しい!

いつ訪れても炊きたてのお米を味わえる贅沢

『めしと汁 といろ』で供されるお米は、羽釜で炊きあげている。

あえて小さめの羽釜を使用し、営業中は常に米を炊き続けている。

そのため、いつ訪れても炊きたてのお米を食べられるのが嬉しい。

「鮭の塩焼き」(550円)

さば味噌煮の美味しさにご飯がみるみるなくなっていく!

こんなに美味しい“米”と“味噌汁”を前にすれば、おかず選びにも精が出るというもの。

まずは、主菜。人気は「鮭の塩焼き」や「さばの味噌煮」だ。

「さばの味噌煮」(500円)

おすすめは「さばの味噌煮」。西京味噌と桜味噌をブレンドして作る特製の味噌ダレで煮込まれたさばは絶品。

そして言うまでもなくお米との相性も抜群である。これだけでもご飯2、3杯は食べられてしまいそうだ!

「玉子焼き」(250円)

副菜も箸の止まらぬ絶品揃い

定番人気の「玉子焼き」も必食の美味しさ。名店の技でほどよく焼き上げられた玉子焼きは、甘めの味わいで懐かしさも感じられ、全ての世代に愛される一品だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo