雰囲気最高&コスパ最強!恵比寿ツウなら知っておきたい寿司の新店!

大好きなお寿司を気軽に、居心地がいい空間で味わいたいという望みを叶えてくれるスポットが恵比寿に誕生!その名も『鮨 おぎ乃』だ。

同店の魅力を、コース内容とともにお伝えしていこう。

店主自ら毎日市場で仕入れる新鮮な魚介を使用

話題の新店は恵比寿通なら抑えておかなきゃ絶対損!

2018年7月にオープンした『鮨 おぎ乃』。恵比寿駅から徒歩1分という好立地にあり、今注目を集める新店である。

既に食通の間で話題となり、多くの人が訪れている同店。コースは9,800円、12,000円、15,000円の3コースが用意されており、シーンによって使い分けが可能だ。

今回はおすすめの「厳選うに食べ比べ 特上おまかせ握りコース」を紹介していこう。

お酒がすすむ味わいの前菜各種

絶品の前菜&お造りにお酒がグイグイすすんでいく!

全てのコースのはじめに供されるのが「前菜」(※コースにより量は異なる)。

この日は、「富山産白海老と鯛の酒盗」、「生湯葉といくら」、「イカとタコの沖漬け」、「茄子の揚げ浸し」、「つぶ貝のうま煮」の5種。

彩りよく盛られた器が運ばれてくると、自然とお酒のペースがあがっていく。

「お造り盛り合わせ」

続いては「お造り盛り合わせ」が運ばれてくる。日により旬の魚介が盛られ、醤油だけでなく、おろしポン酢、竹炭の塩の3種で味変しながら楽しめるのも嬉しい。

「イカ」

握りに合わせる一仕事に技あり!

お造りの後は、旬に合わせた握りが3貫登場。

なかでも注目は竹炭の塩で味わう「イカ」だ。上品な竹炭塩の塩味が加わることで、イカの甘みを引き立ててくれている。ねっとりと柔らかなイカの食感も堪らない。

「のどぐろの塩麹焼き」

握り3貫の後は、「焼き物」が運ばれてくる。この日は、「のどぐろの塩麹焼き」。

脂ののったのどぐろの美味しさが、塩麹によってさらに濃厚に仕上げられ、口に運ぶ度に杯があいてしまいそうなほど美味。

「まぐろの赤身の漬け」

お次は「まぐろ赤身の漬け」や「戻り鰹」、「こはだ」の3貫。

スダチ酢と穀物酢をブレンドした酢でしめる「こはだ」も絶品

「まぐろの赤身の漬け」は、胡麻とともに召し上がれ。

いい胡麻の香りと、醤油、そしてまぐろの旨みが三位一体となり、口いっぱいに幸福な味わいを広げていく。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo