ヴァッカロッサ

VACCA ROSSA

男を上げる、土佐あかうしの薪火焼きハンバーグ

もはやハンバーグではない。ステーキである。
まずは切ってみてほしい。食欲をくすぐる色合いに焼き上がった、肉のかたまりにナイフを入れる。すると刻まれた肉片が、こぼれ落ちる。

店名さえも「赤牛」(=ヴァッカロッサ)としてしまったほど、渡邊雅之シェフが惚れ抜いた土佐あかうしを、粗く刻み、網脂で包み、薪火で焼き上げているのである。
切ったハンバーグを食べる。焼けた香ばしさに続いて、猛々しい肉の香りが広がり、奥歯でぐっと噛めば、肉のエキスが溢れ出る。「噛め」。肉が叫ぶ。脂の甘みに頼ることない、甘えのない肉汁が、噛むごとに押し寄せる。

健やかな牛だけが持つ澄んだ旨みが、舌を包み、豊富な鉄分が体を上気させ、体内に眠りし野生を叩き起こす。
困ったことは、ごはんが恋しくなるのではなく、赤ワインが呑みたくなるのである。
慌ててグラスワインを頼み、肉を噛み、ワインを呑む。途端に、「肉を食らっているぞお」と、叫びたくなる。

ハンブルクステーキとは、本来こういう料理であったのかもしれない。気分を高揚させる料理であったのかもしれない。
付け合わせの胡瓜の薪火焼きのみずみずしさ、前菜のサラダも傑作。それらを1400円で得られる幸福が、赤坂にはある。

●まっきーまきもと
"タベアルキスト"として、さまざまな雑誌で執筆する他、食通からの信頼も厚い『味の手帖』顧問も務める。早くて安くて旨い! 1000円台で味わえるパワーランチを提案


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ