デート、接待、女子同士のサク飲みまで。5人の丸の内OLがリアルに使うレストラン5軒!


解放感を味わいたいので、広くてワイワイOKなお店しか行かないです
『REN REN REN』

営業女子にとって丸の内は、ランチよりディナーのほうが身近な街。

「昼間は外出先でパパッとひとりランチが基本。だから、昼よりも夜のほうが詳しいかも(笑)」。

IT企業でソフトウエアの法人営業を担当する森さん。残業が終わる21時過ぎに、同僚たちと連れ立って訪れるのは、“並ばない”“大人数OK”“ご飯が美味しい”この3つを兼ね備えている店。

「初めて来たときに、天井の高さに驚きました。開放感があるのに高級感もあって、年齢層が若干高め。大人の喧騒が落ち着ける理由かもしれません」


「ここは、もはや会社の食堂化していると言っても過言でないほど。お腹ペコペコで待てない!って駆け込む私たちをいつも助けてくれています(笑)。

チームをまたいで、飲みに行ってもひとつの円卓を囲むと不思議と距離が縮まる気がして……。コミュニケーションの円滑化にもひと役買ってくれているかもしれません」。

花山椒や豆豉が効いた四川風。「牛バラ入りマーボー豆腐」¥1,600


大人数でもみんなが近い円卓で食べる中華は絶品

「密着感高めの小さめな円卓が気に入ってます。周りがワイワイしているので、これくらい近いほうが会話も聞き取りやすい。さらに、本格的な中華はビールが進む進む!」。

「上海小籠包」4個入り¥800~(料理は共にサ別)は、人数に応じて個数を増やしてオーダすることも可能。「とりあえず生ビールと小籠包からがお約束」。

答えてくれたのは…

IT会社/営業
森 彩奈さん(30歳)

「営業で担当しているエリアは渋谷、中野、池袋。丸の内はどこに行くにもとにかく便利。たまに銀座や有楽町まで足を運ぶこともありますが、そんなときは散歩がてら歩いて行きます」。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

仕事観から結婚観。丸の内OLのすべてがここに!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo