恋と友情のあいだで~廉 Ver.~ Vol.14

暴走する、美しき人妻への愛欲。制御不能に陥った男が思わず口にした、不実な言葉

再び、東京にて


「里奈と別れるくらいなら、離婚したっていい」

初めて肌を重ねた夜と同じ渋谷のセルリアンで、僕は強引に押し倒した里奈の腕を掴みながら、気がつけばそんなセリフを吐いていた。


−ほとぼりが冷めたら、私から連絡する。–

そう言っていた里奈からようやく着信があったのは、リッツでの逢瀬から一月以上が経ったあとだった。

しかし久しぶりに聞くことができた里奈の声は明らかに他人行儀で、突き放すような冷たい響きに、僕はすぐに嫌な予感がした。

「里奈。よ......


【恋と友情のあいだで~廉 Ver.~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo