味わいが変化する楽しさ!絶品の石焼き親子丼を麻布十番で堪能しよう

この親子丼ただ者ではない!

濃厚な東京軍鶏のガラ出汁と、奥久慈卵という最強コンビに、石焼きという変化球がプラスされた、最強の親子丼。

和創料理店ならではのこだわりの逸品を紹介しよう!

「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼親子丼」(1,500円)※特製白湯スープ、パプリカのグラニテ、香の物3種付

麻布十番でランチならば絶対外せない名店!

11月にオープンした産地直送和創料理店『輝々 麻布』。

同店でまず注目したいのはランチで提供されている「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼親子丼」。

「石焼きで親子丼を作りたい」というオーナーのオファーから、料理長が編み出した同メニューは提供開始と同時に大人気に。食べ進めるほどに変化していく味わいに、夢中になること間違いなしの名物メニューの魅力をお伝えしていこう。

奥久慈卵の黄味は、旨みが強く、濃厚!

味の決め手は旨みと深みたっぷりの濃厚なガラスープ!

普通の親子丼にはない深い味わいを楽しめる同メニュー。その深みの正体は、東京軍鶏のガラと香味野菜を12時間煮込んで作る出汁。だた、これだけでは終わらない。

この出汁をベースに、薄口醤油、みりん、酒を入れて沸いたところに鰹節を入れて完成させ、鶏と鰹のダブルスープを作り出す。

そんな贅沢なスープに東京軍鶏を入れ、卵でとじたのがこちらの親子丼なのである。

噛むほどに旨みが増していく東京軍鶏の食感も最高だ

石焼きならばとご飯にもひと工夫

石焼きすることを考え、炊きたてごはんに無塩バターを絡めているのもポイント。敢えて塩はふらず、アクセントに胡椒のみを加えたのも料理長のこだわりだ。

決してタレの味わいを邪魔することなく、後にふんわりと残るバターの香りが食欲を刺激してくれる。

「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼キーマカレー丼」(1,500円)※特製白湯スープ、パプリカのグラニテ、香の物3種付

両方食べたい!石焼キーマカレー丼も絶品

石焼き親子丼と同じく人気なのが「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼キーマカレー丼」。

キーマカレーも特製の鶏ガラ出汁をベースに、鶏挽肉、特製スパイスで作り上げている。特徴は、ご飯、卵、キーマカレーという三層で構成されているところ。

まず全体を支えるご飯は、バターとカレー粉を混ぜ合わせ、とろみのある卵にもカレー粉をプラス。どちらもキーマカレーの層との相性抜群で、鶏挽肉を使用していながらも、食べ応えある味わいに仕上げられている。

香ばしいおこげを作りながら食べ進めたい

どちらも食べ進めて行くと、バターを纏ったご飯がほどよくこげていき、香ばしい香りが漂い始める。

この変化が同メニューの魅力のひとつ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo