大人焼肉を食べるなら名店ぞろいのこの街へ!白金エリアで食べる焼肉5選

焼肉ファンを魅了する希少部位のオンパレード『和牛焼肉KIM』

美味しい肉を少しずついろいろ食べたい―。

そんな焼肉セレブに評判の店が、『和牛焼肉KIM』だ。

右:「キムチとナムルの盛り合わせ」写真はすべて「和牛コース」より/左:手前は「和牛のお寿司」後ろは「刺身の盛り合わせ」「ユッケ」、「トモサンカクの刺身」、「カメノコのたたき」の3種

人気の「和牛コース」(9,000円)では「ヒレ」や「サーロイン」を始め、「トモサンカク」や「カメノコ」など肉の希少部位が10種余りも登場。

部位によって厚さやカッティングの向きを微妙に調整。味付けも塩、タレ、ポン酢と様々に楽しませてくれる。

右:「厚切り2種」は「ヒレ」と「サーロイン」/左:「塩2種」当日は「上タン」と「上ハラミ」

「最初に刺身や寿司などの生肉で肉の新鮮さを感じて頂き、続いて「ヒレ」と「サーロイン」を塩、胡椒のみでシンプルに味わって頂いています」とは、ご主人の金津大氏。

まずは王道の肉で質の良さをストレートに楽しんでもらおうというわけだ。

その後は、塩からタレへと移行するにつれ、肉もサッパリとした赤身系から濃厚系にシフトしていくといった具合。

肉は厳選したメスのA5和牛のみを使用。半頭買いしていればこそのバラエティ豊かな肉コースをぜひ。

右:「タレ2種」当日は「トウガラシ」と「ランボソ」/左:「タレ3種」当日は「ミスジ」、「特選イチボ」、「薄切りサーロイン」肉は仕入れにより様々な部位を提供

右:〆の「Kim’s冷麺」は和風味/左:デザート

左:カウンターに立つ吉田氏。豊かな経験を活かし、部位ごとに最適な調理法で満足感ある皿を提供/右:名物「藁焼き 和牛さがりのたたき」(1,900円)九条葱がたっぷり。ポン酢ベースのタレでいただく

希少部位も存分に味わえるモダンな和牛割烹店『白金 金舌』

「黄金の舌」、略して「金舌」。牛1頭分の舌からわずか200gほどしか取れない舌の根元部分から取る希少部位を、この店ではそう呼んでいる。

その「金舌」を30日間熟成させ、厚切りにして串に刺し、炭火で焼いた「三〇日熟成 金舌」は店のスペシャリテ。

「牛舌」と思って食べると驚くほど柔らかく、肉汁は旨みをたっぷり含んでいる。これはほかにはない食感だ。

1階はゆったりとしたカウンターとテーブル席。地下には個室もあり、空間も使い分けできる

「金舌」ばかりではない。

6kgの「レバー」からわずか900gしか取れない「日本一のレバ刺し」もきりっと立った角が鮮度の良さを示していて、約2cmほどの分厚さで存分に濃厚な甘みを堪能できる逸品。

左:モダンな設えで統一された店内。カウンターはもちろんのこと、テーブル席もゆとりがあり寛げる/右:「金舌名物 牛みそ煮込み」(1,000円)牛すじなどの部位を使用。京都祇園『味幸』の白七味を好みで

さらには「牛の握り」、「さがりの藁焼き」、「味噌を加えた和風デミグラスソースで煮込んだ牛みそ煮込み」など、その引き出しの多いこと。

老舗鮨店や和食店で研鑽を積んだ吉田安孝氏が総料理長を務めると聞けば納得。

牛肉尽くしでも飽きがこないどころか、ひと口、またひと口と牛肉の新たな一面を発見するという具合に楽しめる。

左:「三〇日熟成「金舌」」(2,500円)店で30日間、乾燥熟成させている。噛んで味わえるよう厚めのカットで/右:「牛とろたく細巻き」(1,400円)降りの生肉をたくあんと細巻きに。牛の握りと共に、人気の品

ソムリエでもある吉田氏によるワインセレクトもすごい。

ボルドー、ブルゴーニュの銘醸品からカリフォルニアのカルトワインまでがずらりと揃う。力強さと繊細さを併せ持つ和牛尽くしに合わせるのだから、ちょっと奮発したって後悔はしないはず。

料理の品数は豊富、3,900円からのセットもありと、至れり尽くせり。

ぜひ一度、味わってみてほしい。願わくば極上のワインと共に。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo