小寺慶子の「次くる肉!」 Vol.8

ラ ピヨッシュ

La Pioche

豪快な炭火焼き 肉料理を独り占め

先月号の肉特集では、1カ月間ほぼ毎日欠かさず牛肉を食べ続けたが、それにまったく飽き足らず、向かった先は6月に人形町にオープンした『ラピヨッシュ』。自然な造りのワインと炭火焼き料理がウリの店で、先日、京都に訪れた際に立ち寄った某ワインショップのスタッフも「東京にすごく素敵なビストロができたと聞いています」と話していた。

認知度は早くも全国区、ウワサを聞きつけたグルマンで、店は連日盛況だ。人気の秘密は、フランスのサヴォワ地方でワイン造りを経験した林真也さんがセレクトする「ナチュラルさが際立った」ワイン(ボトル3,990円〜)と豪快な炭火焼き料理にある。

短角牛の炭火焼きステーキや鴨肉にも心惹かれるが、今回は「豚ハツと豚胸腺の炭火焼き」(2,725円〜)をリクエスト。ボードには肉とともに新鮮な野菜やドフィノワがたっぷり盛られており、テンションも急上昇。シェアするのもいいけれど肉好きとしては定食よろしく独り占めしたい気分。宮崎智洋シェフの火入れ術を感じる炭火焼き肉料理と体に沁み込むようなワインを存分に楽しみ、再訪を決意した次第だ。

●こでらけいこ
人生最後の日に食べたいのはもちろん肉。年齢とともにカルビよりハラミ、サーロインよりもヒレと、嗜好が変わりつつあるが"肉愛"は不変! 趣味はひとり焼肉


東カレアプリダウンロードはこちら >

【小寺慶子の「次くる肉!」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ