確実に口説きたい夜は白金の隠れ家個室へ!落としたいデートのテッパン店4選

大正12年に建てられた一軒家をリノベーション。ノスタルジックな外観とは裏腹に、店内では進化系の牛串が提供されている!

「二軒目行かない?」から徒歩0分で移動できる『牛泥棒』

「2軒目行く?」というひと言が言えない男性におすすめしたいのが『牛泥棒』。

オープン以来、白金で遊ぶ大人たちの夜をアシストし続けている同店は、白金高輪駅や広尾駅から徒歩10分。駅から歩いて向かうのもいいが、今夜落としたい女性ならば駅で待ち合わせて、タクシーで向かうのがベストだろう。

車中では「今夜のお店はちょっと変わっているんだよ」と前振りも忘れずに。「え?どんなところなの?」と聞かれても、「牛串が美味しいお店」とだけ答えておけば、到着までの期待値と着いてからの驚きが相乗効果を発揮してくれるはずだ。

1階カウンター席は全14席。目の前で絶品串が焼き上げられていく

古民家を利用して建てられた『牛泥棒』。どこか懐かしい雰囲気が漂う店先を眺めつつ、暖簾を潜ると、タイル張りのカウンター席が出迎える。

スタッフとの会話も楽しめるので、ちょっと会話に詰まったときは、料理についてスタッフに聞いて盛り上がることができるのも安心だ。

2階の個室は3部屋備え、仕切りの襖を外せば大人数での利用も可能だ

2階には4名~20名で利用可能な個室もあるので、大勢で利用するならば個室を抑えておこう。

こちらは1階よりもちょっとしっとりした大人の空間。和洋折衷のモダンな雰囲気が漂う。

「すき焼き串」(500円)「しゃぶしゃぶ串」(500円)「牛ホホのシチュー串」(500円)

『牛泥棒』を訪れたなら、必ず食べて起きたい串がある。

「ちょっと変わった串、食べてみたくない?」の言葉とともに「すき焼き串」、「しゃぶしゃぶ串」、「牛ホホのシチュー串」の3種をオーダーすれば、「それって本当に串なの?」と出てくるまでの間、どんな串なのか想像してもらいつつ待てるだろう。

そして、目の前に運ばれてきた串の美味しさは、その想像を遙かに超える美味しさだから言うことない。

階段を登って右手が『BAR トナリ』。赤いランプに照らされた番地のプレートがレトロな雰囲気を醸し出す

次の店まで、徒歩0秒『BAR トナリ』

ちょっと変わった串の美味しさに、お酒も進み、酔いがまわって来た頃がチャンスだろう。

「じゃあ、ちょっと隣で飲み直そうか」とひと言伝え、隣へ続く階段へスッと足を進めればいいだけである。面倒な2軒目へのタクシー移動や店探し、駆け引きも一切いらない。

そう、『牛泥棒』の隣には『BAR トナリ』が併設させているため、ちょっと雰囲気を変えて飲むことが可能なのである。

『BAR トナリ』で提供されているお酒は「牛泥棒」からもオーダー可能。ちょっと小腹が空いた時には、『牛泥棒』の料理を注文することができる

ちょっとここでもサプライズをとお考えならば個室を事前に予約しておこう。

パッと店内を見渡しても個室は見当たらない…と思いながら、奥に歩を進めると重厚な本棚がある。そこは隠し扉となっており、個室への入り口なのだ。

こんな遊び心溢れる空間でしっとりとカクテルを傾ければ、二人の距離もグッと近づけるはず。

本棚の扉を閉じてしまえば、完全に二人だけの空間に。個室は+2000円で利用可能

美味しい串料理に、粋な演出が加わり1軒に居ながら2度美味しい『牛泥棒/BAR トナリ』は白金の夜には欠かせない存在である。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo