白金エリアはお忍びデートにピッタリの街だ!喧騒を離れた隠れ家特集7選

メニューは旬により変化する、季節ごとの美味を楽しんで

リーズナブルに星付きフレンチデートなら『REQUINQUER(ルカンケ)』

「ミシュランガイド東京」で、4年連続星を獲得した名店『REQUINQUER(ルカンケ)』は、白金台のいちょう並木、プラチナ通りから路地を少し入ったところにある小さな一軒屋レストラン。

ここでは国内のホテルや本場パリで修業を積んだシェフが創り出す、本格フレンチとフランス各地のワインを様々なスタイルで楽しめる。

ワインに合う料理の数々が並ぶ

料理はコースがメインだから、初めてのデートでも料理のチョイスに失敗する心配がない。

見た目の美しさだけでなく、ボリューム感も正統派フレンチらしさを持ち、素材の持ち味を生かすのがシェフのスタイル。旬の食材を贅沢に使い、一皿一皿に妥協なく手間暇と情熱をかけて作り上げる料理はどれも絶品。

メインディッシュには思わず歓喜の声が上がる

シェフのスペシャリテは「蝦夷鹿のパイ包み」。

しっかりめに焼いてサクサクとした食感を出したパイ生地に、蝦夷鹿の肉とフォアグラの旨味をぎゅっと閉じ込めている。

ワインにも拘り、フランスを中心に厳選した100種類を取りそろえている

店名の「ルカンケ」とはフランス語で「元気なって」と言う意味。美味しい料理と美味しいワインを楽しみながら、「元気なって」ほしいという想いが込められているという。

少し灯りを落とした暗めの空間は白金らしい落ち着きがあり、ゆっくりとした時間が流れる。今宵も2人の距離をグッと近づけてくれるに違いない。

※こちらの店舗は現在移転しております。掲載内容は移転前の情報です。
 詳しくは下記レストラン情報をご確認ください。

ポテトサラダから水餃子、ひよこ豆ペースト・フムスなど…、ジャンルレスなメニューのラインナップ

グルメ通な彼女を誘うなら『酒肆ガランス(シュシガランス)』

一度この店に来たらハマッてしまうリピーターが多いという、『酒肆ガランス』。

“外食経験値”の高い大人達の間でじわじわと人気が出ている隠れ家だ。店名の“酒肆”とは「酒を並べる」という意味で、諸国の料理や酒がボーダレスに並び、初めて店を訪れる客は誰もが「ここって何屋?」と反応する。

オープンキッチンのカウンターで、ワイン片手にカツ丼を食べるという異空間が楽しい!

オープンキッチンの様子を見渡せるカウンター席に陣取ってメニューを手に取れば、居酒屋の定番・ポテトサラダに、中東ではおなじみのひよこ豆ペースト・フムス、トリュフ塩添えのベルギーポテトフライ、生地から自家製の水餃子に、揚げたてのカツを卵でとじるカツ丼などなど、ジャンルレスなラインナップに驚く。

外食経験値の高い大人達の間でじわじわと人気が出ている隠れ家

料理とともに味わうアルコールも、ワインのみならず希少な日本酒・焼酎、ウイスキーなど充実のラインナップだ。

多岐なジャンルの料理を提供しながらも、ひとつひとつの料理はどれもレベルが高いから安心してほしい。“こんな店、はじめて!”とツウの彼女も喜んでくれるに違いない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo