年収1,000万の女 Vol.3

年収1,000万、31歳広告代理店女子。キャリアもハイスペ夫も手に入れた美女の、波乱万丈な人生

今や、ハイスペックといえば男性とは限らず、女性も活躍する時代だ。

世の女性の多くがハイスペ男との結婚を夢見る一方で、自ら高い年収を稼ぐ “1,000万の女”たち。

全給与所得者(女性)のうち、年収1,000万を超えるのはたった0.9%と言われている。(H28民間給与実態統計調査より)

そんな一握りの女たちは、どのような人生を送っているのか?

本連載では、キャリアと美貌に恵まれた、まさに「才色兼備」の女たちのリアルをお伝えする。


これまでに、ファッション命のラグジュアリーブランドマネージャー・真理亜さん、若くして破格の年収を稼ぐ外資系証券会社勤務・ミキさんを紹介した。

さて、今回は?


【今週の1,000万女子】
名前:エマさん(31歳)
職業:大手広告代理店勤務 プランナー
住まい:渋谷区
交際:既婚

読モとしても活躍。OLとは言い難いほど華やかなルックス


就職したい企業ランキングの上位に常にランクインしている広告代理店。花形職業の代名詞でもあるが、実際、総合職として働く女性の数は男性と比較するとまだまだ少ない。

広告代理店の中でも特に人気の職種、プランナーとなればなおさら…である。

今回取材を受けてくれたのは、そんなごくひと握りのポジションに身を置く女性、エマさんだ。

これまでに紹介した、ラグジュアリーブランド女子の真理亜さんや、外銀ウーマンのミキさんもかなりの美人であったが、エマさんも同様に、非常に華やかなオーラを纏う超美人。

大ぶりのピアスにオールインワンのジャンプスーツ、エルメスのボリードにシュプリームのキーホルダー…。彼女のファッションはとても会社帰りとは思えないほど、洗練されて垢抜けているという印象。

聞けば、「女性誌で読者モデルを頼まれることも多い」のだとか。

2年の"無職"期間を経て、大学受験に


彼女の生い立ちを聞くと、思わず羨ましくてため息が出るような、"お嬢様"だ。

実家があるのは、都内屈指の超高級住宅街。父は開業医だそうで、親戚を含め一般的な会社勤めをしている人間が周りにいなかったという。

人生が変わったのは高校生の時。同じように富裕層の子女が通う小・中学校を出て、有数の進学校である都立高に入学した。

「薄々は気づいていましたが、高校に入学して改めて、自分の育った家庭環境がいかに浮世離れしていたかを知りました。と同時に、世の中の仕組みなど、知らないことがいっぱいあることにも気づいたんです」

それまで自分がいかに狭い世界で生きてきたかを目の当たりにした彼女は、反抗期を迎える。そしてなんと大学には進学せず、世界中をバックパッカーとしてまわる道を選んだのだ。

「親に大学に行かないことを伝えたら、“ふ〜ん”くらいの反応で(笑)。たぶん、言い出したら聞かないってわかっていたのかな」

訪れた国はアメリカやカナダなどの北米から、インドネシア、タイ、マレーシアなどの東南アジアまで、30か国に及ぶ。

バングルはエルメス、華奢なブレスレットはカルティエ


自由気ままに過ごしていたが、2年目の冬、ついに決断を迫られる。

「家族で会食をする特別な機会があったんです。その食事の席で、“ところでどうするつもりなの?”と詰められまして。聞けば、数週間後に迫る大学入試の願書も、実は既に出してあると言うんです。

さらに、“あなたはどうせ大学を辞めてしまうだろうから、せめて品のいい大学に入学だけでもしてちょうだい”と。まったく、大学に行って欲しいと言いながら、辞めること前提って…、矛盾しまくっていますよね(笑)」

でも母の切なる願いに応える形で、入試までの2週間、猛勉強する日々が始まったのだった。

【年収1,000万の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo