都内最強の旨辛グルメを大特集!暑~い夏にこそ食べたい担々麺9選

「四川担々麺」(950円)底にスパイス類が沈んでいる故、麺を底からすくうように食べると旨みが倍増する

用意する担々麺は4種類。自分好みの一皿に出合える『廣安』

広尾

辣油と胡麻だれのハーモニー豊かな四川担々麺に、ビシっとしびれる辛さに汗が噴き出る麻辣担々麺、夏限定の冷やし担々麺から裏メニューの汁なし担々麺まで、実に4種類もの担々麺がそろう『廣安』。

それに合わせて辣油も、香辛料たっぷりの香り辣油に辛み辣油、旨み増幅のためのにんにく辣油など3種も用意するマニアックぶりだ。これらを巧みに使い分けた4種を食べ比べてみるのも一興だろう。

香り辣油に含まれる香辛料。八角、丁字、頂天唐辛子、草果、肉桂など

担々麺のほか、大きな焼売も看板メニュー

「担々麺」。芝麻醤をたっぷり使うスープは胡麻の香りが濃厚。一滴残らず飲み干したい!

胡麻の風味をしっかり生かした極旨担々麺!『中国菜 膳楽房』

神楽坂

往年の名コピーではないが〝何も足さない、何も引かない〞美学を感じるのが『膳楽房』の担々麺。クリーム色のスープは、濃厚でこってりした味を想像させるが、後味はすっきりクリア。椀の中にまず、たっぷりの芝麻醤を入れ、鶏ガラスープでのばして醤油と塩で味を調えるというシンプル(すぎる!?)調理法にして、心をぐっと掴まれる旨さだ。

麺はスープによく絡むように中細のちぢれ麺を使用、胡麻の風味を消さないよう肉味噌を炒める際も甜麺醤は使わないという榛澤知弥シェフのこだわりが凝縮。1度この担々麺を味わえば、もう、通わずにはいられない。

芝麻醤油をたっぷり80g使うスープは見た目もクリーミーだが、ひと口食べれば胡麻の風味の豊かさ、すっきりした後味に驚かされる。これぞ、シンプル・イズ・ベストの真骨頂!

場所は神楽坂駅近く。夜の予約は、できるだけ早めに取るのがおすすめ

「四川担々麺」。無かんすいのストレート麺がスープに程よく馴染み美味。爽快な辛さが後を引く逸品

爽快な辛さとスープの旨みは定番の美味しさ『芝蘭』

神楽坂

醤油と酢、スープ、自家製芝麻醤に辣油が丼の中で美しく層をなす同店の担々麺は、〝日式四川担々麺〞の元祖!?といわれる『赤坂四川飯店』直系のスタイル。

だが、フェンネルやローリエなどすっきり系の香りをもつ香辛料を中心に玉ねぎやにんじん、香菜の茎などなど香味野菜をふんだんに用いるのが『芝蘭』式辣油の特微だ。この特性辣油が加わることで味の幅が広がり、奥行きのある風味が生まれる。

長ねぎ、セロリ、玉ねぎににんじんなどたっぷりの香味野菜を加わることで、辛さの中に自然な甘みが生まれ、辣油に深みが出る

落ち着いた店内の雰囲気はデートにもぴったり。担々麺の他にも本格的な四川料理を多数用意する

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo