朝から焼肉でガッツリ!京都「天壇」の新店だけで楽しめるモーニングが、贅沢すぎると話題!

「焼肉の名門 天壇」。京都で焼肉といったら、まずこの名前が思い浮かぶだろう。

1965年の創業以来、京都ならではの“出汁で食べる焼肉”スタイルの元祖として、京都をはじめ、東京、滋賀でも愛され続けている名店だ。

その「天壇」が、4/27に京都・北山に新店をオープン!名物メニューはもちろんのこと、なんと初のモーニングメニューも登場したとの情報をキャッチ。

『焼肉の名門 天壇 北山店』とは、一体どんなお店なのか。さっそくその全容をご紹介!

『焼肉の名門 天壇 北山店』内観

焼肉の名店「天壇」から新店が誕生!北山ならではの緑に囲まれたリラックス空間に癒される

『焼肉の名門 天壇 北山店』は、京都市街の中でも緑が豊かで、送り火が行われる五山の「船形」も望むことができる場所に位置する。

店内はスタイリッシュで落ち着いた内装に仕上がっており、気の置けない友人との食事はもちろん、デートにも使える雰囲気であることがポイント。

様々なニーズに合う席が用意されているので、景色の良い場所ならBOX席やカップルシート、静かに会話をしたいなら個室、大人数での食事会なら宴会場の利用がおすすめ。

また、7月には屋上にBBQフロアがオープン予定なので、そちらも要チェックだ!

大きな窓からは光が差し込み、緑溢れる景色が目の前に広がる開放的な空間

3階は全室個室のフロアで、会食にも使えるのが嬉しい。リラックスしながら食事を楽しみたいなら、掘り炬燵の部屋をチョイス

週末はモーニングメニューが登場!さらに豪華ランチも見逃せない!

『焼肉の名門 天壇 北山店』は、「天壇」初となるモーニング営業を週末・休日限定で実施!

朝からがっつり派も満足の焼肉御膳や、お茶漬けなど、気分に合わせて選べるメニューが豊富に揃っている。

さらにランチは毎日楽しむことができ、お手頃価格のものから高級和牛メニューまで、何度足を運んでも飽きることのないラインナップ。

午後に向けて、焼肉でパワーチャージをしたい日に訪れてみては?

―モーニングメニュー―

※価格はすべて税込

「特製出汁茶漬け~自家製梅キムチ~」

「特製出汁茶漬け」

価格:800円

朝はあっさりとしたものを口にしたい気分なら、サラサラと食べられるお茶漬けをどうぞ。

味は「自家製梅キムチ」と「自家製牛しぐれ煮」からセレクトすることができる。鶏と鰹でとった特製出汁が、身体にじんわりと染み渡る。

【ラインナップ】
・「自家製梅キムチ」
・「自家製牛しぐれ煮」


「季節野菜のお粥御膳」

価格:800円

韓国風に仕上げたお粥。春はエンドウ豆、秋は甘芋など旬の野菜を使っているので、季節によって内容が変わる。優しい味わいなので、二日酔いの朝や疲れている身体に嬉しい。


「参鶏湯粥御膳」

価格:1,100円

韓国料理の定番であるサムゲタンを、お粥仕立てに。朝鮮人参をはじめとする漢方を、鶏肉から抽出したコラーゲンたっぷりのスープで煮込んだ滋味深い一品。


「あわび粥御膳」

価格:2,000円

栄養価の高いあわびをふんだんに使うという贅沢っぷりで、朝から優雅に過ごしたい人にはもってこいの朝食。あわびの出汁と香りを存分に味わって。


「天壇朝御膳」

価格:1,800円

朝からガッツリ派にはこちら!自家製タレで焼き上げた「天壇」自慢のロースや、新鮮なサラダ、ナムル、キムチなどを重箱で提供。ごはんとスープも付いてボリューム満点!

―ランチメニュー―

※価格はすべて税込


「カルビランチ」

価格:1,500円

人気のバラの部位は、しっかりと脂の美味しさを感じられる。出汁のようなタレに浸すとさっぱりとするので、ペロリと食べれてしまう。


「ミルフィーユロースランチ」

価格:1,700円

「天壇」の看板メニュー「ミルフィーユロース」。ロースを薄く切って3枚重ねにすることによって生まれた新食感に、食べた人は誰もが驚く!

「黒毛和牛サーロインロースランチ」

価格:2,700円

ほど良くサシの入った黒毛和牛のサーロインを、ランチで気軽に楽しむことができる。秘伝タレによって肉の旨みさらに引き立てられ、言うまでもなく絶品!

ロースを知り尽くした「天壇」だから味わえる!肉への並々ならぬこだわりに驚き

『焼肉の名門 天壇 北山店』のコンセプトは、“なつかしくて新しい 天壇”。

「天壇」では定番の出汁で食べる焼肉はもちろん、ロースを3層に重ねた「ミルフィーユロース」、「ユッケ」、「刺身」など、牛肉を様々な形で提供してくれる。

こういった多彩なアプローチができるのは、50年以上に渡って京都に店を構え、肉を知り尽くした「天壇」ならでは。

『焼肉の名門 天壇 北山店』では、サーロインかリブロインのどちらの部位のロースが良いかを指定して注文することが可能!

サーロインロースは、サシを含みやすくきめ細かな肉質。厚めにカットすればそのままステーキに使うことができるほど、牛肉を代表する部位だ。

一方リブロースは、サーロインよりサシが強く、脂の美味しさを感じるリッチな味わい。

これらのロースを薄切り、または大判にカットするのが「天壇」流。きっと同店で、あなた好みのロースを見つけられるはず。

創業から続く秘伝のつけタレで、旨みの相乗効果!

創業当時から現在まで、自家製で作り続けている「天壇」のつけタレ。その詳しいレシピは、歴代の料理長たちしか知らないのだとか。

焼いた肉を食べ頃の温度にし、肉の味を引き立てるタレをイメージして作られたというこちらは、牛肉などを長時間かけて煮込み、旨みを抽出した出汁がベース。

肉の脂の甘みと一体しながらも後味はさっぱりとしたテイストで、暑くなるこれからの季節にもぴったり。一度食べたらクセになること間違いなし!

『焼肉の名門 天壇 北山店』ワインセラー

焼肉×ワインという、ワンランク上のマリアージュ体験

同店では、焼肉とワインの極上のマリアージュを提案。

ソムリエによって選ばれた、「天壇」の肉に合うワインを多数用意。専用セラーには、まるでワインバーかと思うほど様々な銘柄のワインが取り揃えられている。

「焼肉にはビール!サワー!」という人も、同店を訪れた際には、ぜひスタッフにおすすめの一本を尋ねてみよう。

『焼肉の名門 天壇 北山店』外観

■新店概要

店名:焼肉の名門 天壇 北山店
住所:京都市京都市北区上賀茂桜井町106
営業時間:
【月曜~金曜】
ランチ:11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:00~22:30(L.O.22:00)
【土曜・日曜・祝日】
8:30~22:30(L.O.22:00)
HP:http://www.tendan.co.jp/kitayama/

【予約・問い合わせ先】
TEL:075-707-4129

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo