木梨憲武さんに麻布十番の魅力を聞きに行ったら、リアルな行きつけをほとんど全部回ってくれた!


店内には『みなさん』で注目された“青木君”が!
『文房具のながとや』

麻布十番商店街の中でいぶし銀の魅力を放つ、創業約70年の老舗文具店。品揃えが非常に豊富で、木梨さんは絵描きに使うペンを買いに訪れる。

ちなみに、スタッフの青木さんは、素人が参加する『とんねるずのみなさんのおかげでした』の名物企画に登場したことも。

【店舗情報】
住所:港区麻布十番1-5-25
営業時間:9:00~19:00(平日)
定休日:日曜・祝日・一部土曜・年末年始・夏季休暇
TEL:03-3403-5619


木梨家の朝の食卓を支える、昔ながらのベーカリー
『アレ フランス カフェ ダリア』

「子供たちの朝ごはんを買いに来る」と教えてくれたのがコチラ。

店内には香ばしい匂いが立ち込め、今どきのヴィエノワズリーから、一つ一つ丁寧に作られたサンドウィッチ、焼きそばパンなどの惣菜系まで約80種類が並ぶ。

木梨さんの一押しは、辛子マヨネーズが利いた懐かしい味わいの「おふくろサンド」¥360。


何でもない日に花束、が夫婦円満の秘訣?!
『フローリスト オースリーズ』

個性溢れる花屋が多い麻布十番においてセンスの良さが光る一軒。フレンチスタイルのシックなアレンジが近隣に住むマダムたちから厚く支持されている。

観葉植物も豊富で、木梨家のインテリアには欠かせないのだとか。「ここのグリーンがあると部屋が見違えるよ~!」

【店舗情報】
住所:港区麻布十番3-5-11 オーブラン麻布102号
営業時間:11:00~19:00
TEL:03-5444-5687


作家・木梨憲武の第2のアトリエ!?
『東京仏壇のさかた 麻布十番店』

石原裕次郎さん宅の仏壇も手掛けた仏具屋の支店。木梨さんの飲み友達でもあるお二人が営み、パワーストーンにも力を入れている。

「俺はよくここんちの奥に陣取って、作品をつくらせてもらってるの。集中してるといつのまにか夜になってることもざらだね」

【店舗情報】
住所:港区麻布十番2-12-5 コンフォート麻布101
TEL:03-6809-4009


シンプルにして奥深いスープにノックアウト
『松玄 麻布十番』

言わずと知れたこの人気蕎麦店で木梨さんがよく注文するのがカレーうどん¥1,000。

具は潔く豚肉とネギのみ。28種類のスパイスと果物、隠し味としてナンプラーを使ったルウを特製出汁でのばしたスープが味わい深い。

昼時にはミニごはんが付くので、うどんを食べた後にごはんを入れて味わうのも一興。小盛りサイズ¥600もある。


行きつけツアーの終着地は秘密のアトリエ!

「俺のアトリエ近くにあるから茶でも飲んでけば?」という言葉に甘え、木梨さんのアトリエをまさかの訪問!

最後の最後まで枠にはまらない木梨さんの人間力を実感させられた。感謝!

■プロフィール
きなし・のりたけ 1962年生まれ、東京都出身。「お笑いスター誕生!!」に石橋貴明とコンビで出場し、翌年「とんねるず」に改名。俳優、アーティストなど、多彩な才能を見せる。

■クレジット
Photos/Akira Maeda@MAETTICO, Mahito Takahashi(food), Text/Mio Amari

information

映画「いぬやしき」が4月20日、全国東宝系にて公開。SFアクション漫画『GANTZ』などで知られる奥浩哉の人気漫画を実写映画化。木梨さんはうだつの上がらない会社員・犬屋敷壱郎に扮する。

©2018「いぬやしき」製作委員会 ©奥浩哉/講談社

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

十番が使えてこそ、大人です。

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo