恵比寿に麻布十番の風が吹く! 完全大人仕様な十番の大人気店が東口に2号店を出した!

恵比寿は大人の街だと思っていたが、このところそういったお店はむしろ少なく、小僧向けのお店が増えてきた。20代が幅を利かせ、ある意味、真の大人が遊びずらくなったという声もチラホラ……。

そんな中、大人の街の代表である麻布十番から人気の居酒屋が乗り込んで来た。その名も『右京』。場所は閑静ながら、人気店が軒を連ねる、広尾にもほど近い新橋グルメ通り。

ちょっとバブリーな雰囲気と、フォトジェニックなメニューにときめきを覚えるはずだ!


レトロでバブリーな大人の社交場。こういう店でハシャギたい!
『十番右京 恵比寿店』

若造ばかりの西口はイヤ。恵比寿で大人に、しかし、テンション高く飲むには?そのベストアンサーは『十番右京 恵比寿店』を選ぶこと、に尽きる。

麻布十番の社交場といっても過言ではない『十番右京』が、昨年夏、恵比寿に支店をオープン。場所は恵比寿東口から徒歩7分ほど。騒がしい西口でないというのもポイントが高い。

店内に入ると、バックバーにあしらわれた西陣織のふすまが豪奢な空気感を醸し出すカウンターが、ひときわ目を引く。

店先にメニューが置かれているため、それを眺める人も多い

卵とトリュフの相性の良さは言うまでもなしだし、シャンパンが進む!

一方、卓上にはルイ・ヴィトンのスノードームや、懐かしのラジカセやフィルムカメラを、敢えてラフに並べる雑多な感覚も面白い。

「東京で一番トリュフの消費量が多い!?」と噂されている本店そのままに、充実したフードメニューの随所には「トリュフ」はもちろん「キャビア」「金箔」の文字も躍る。

例えば、「卵たっぷりトリュフポテトサラダ」¥780(ハーフ)は、一目瞭然のトリュフ感に加えて、風味付けにもトリュフオイルを使用。そこに金箔までトッピング!

キラッキラに輝く様子に、テーブルが湧くこと間違いなし!

各料理は、インスタ映えも抜群だから、ここに来たなら、臆することなくそうした料理を選び、気前よくシャンパンを抜くのが、大人の掟。

〆には、イクラ&ウニ&キャビア“海のたまごトリオ”に卵黄が加わる人気メニュー、「海のたまごかけご飯」¥1,780を是非! ¥1,000を追加するとご覧のキャビア倍増&金箔プラスver.に。どうせ行くなら、店の趣向を楽しみ尽くすべき!

唯一の注意点は、恵比寿店はランチタイムから通し営業している関係上、麻布十番よりもラストオーダーが早い。思いっきりはじけたいなら1軒目から、がおすすめ。

ここは、ハシャぎたい大人の桃源郷でもあるのだ。

黒毛和牛レア炙り¥3,180は、表面をさっと炙ったイチボ肉にウニとキャビア、金箔のせがデフォルト。“ウニ+牛肉”の組み合わせは今やスタンダードだ

Photos/Kayoko Ueda, Text/Haruka Koishihara

【男性】コート¥158,000<カンタータ/ビームス ハウス 丸の内☎︎03-5220-8686>、バッグ¥110,000<シャンボール セリエ/八木通商☎︎03-6809-2183>【女性】コート<ランバン オン ブルー/レリアン☎︎03-5491-8862>、タートルネックニット¥26,000<ドレステリア/ドレステリア 銀座店☎︎03-6274-6217>

本日発売の月刊誌「東京カレンダー5月号」は一冊すべて、恵比寿特集!

恵比寿依存は高まるばかり!

「ずっと恵比寿、これからも恵比寿」なんて貴方のための恵比寿コンプリート特集!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は3/20(火)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo