東京就活事情 Vol.11

就活こそ、エリート男の青田買いのチャンス?“内定よりも結婚相手が欲しかった”女の先手必勝法とは

就職活動は、今や「売り手市場」と言われ、かつての就職氷河期などどこ吹く風。

しかし、時代を問わず“狭き門”とされる企業は常に存在し、選ばれし者だけが生き残るのが現実だ。

そして「就活の頂点」を目指す若者たちは皆、こう信じている。

−就職で、すべての人生が決まる。

本連載で紹介するのは、内定のためなら手段を選ばない数々の猛者たち。彼らが語る、驚くべき就活のリアルとは?

先週、恋愛経験ゼロの外交官が登場した。

さて、最終回となる今週は…!?


【今週の就活女子】

・名前:茜(27歳)
・現在の勤務先:大手損保会社
・出身大学:上智大学
・勤務先以外の内定企業:飲料メーカー総合職


待ち合わせの『ラデュレ サロン・ド・テ』に現れた茜は、春色のワンピースがよく似合う可憐な雰囲気の女性だった。

真っ白な......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
リクラブってまだあるんですね。
にしてもシバユカの上をいく戦略。さすが上智大。
2018/04/05 05:5899+
No Name
派手な場に参加する男にはろくな男がいない。
ほんとそうだなと思った。
2018/04/05 06:1599+返信1件
No Name
優秀な大学を出て外銀やらコンサルを目指してた女性が、あっさり損保の一般職に就くことに
旦那さんは何の違和感も持たなかったのかな?

その時点であなたを支えたいとか言ってたら激重だし、落ちたってことにしたならそれはそれで残念な感じ?になるし。
可愛いからいいのかな。笑
2018/04/05 05:4899+返信5件
業界人
頭悪そうな上智生がエントリーシート通るのはあり得ません。フィルタリングしてるので。
外銀は理系地味系いるのは事実で、且つ一部は婚活モンスターに捕獲されるのも残念ながら事実です。学生時代に捕獲された場合、早めに入籍させられて30前後に子供無しで離婚するのもあるあるです。
2018/04/05 06:3550返信22件
No Name
学生時代に見つけておくっていうのは本当に正解だと思う。就活はリーマンショックで大荒れ、婚活は婚活ブームと若い子の早婚願望で大荒れ、何が悲しくてこんなに節目ごとに頑張らなければならないのかって友人が嘆いてる。
2018/04/05 07:4442
もっと見る ( 80 件 )

【東京就活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo