恵比寿で遭遇!キラキラの透明感が魅力の本田翼が、「大人感」まで出してきて死にそうになった!

各女性誌やテレビで活躍する本田 翼は、透明感あふれる可愛らしい女の子。

しかし、芸能生活を始めた頃から所縁のあるという恵比寿で実際に話を聞いてみると、そんな世間のイメージを覆す、素の彼女が見えてきた。


「恵比寿はいつも私の一歩先にある大人の街」

東京生まれ、東京育ち。原宿で買い物していた14歳のある日、7人のスカウトマンに声をかけられて芸能界入り。本田 翼さんの恵比寿歴は、まさにそのときからスタートした。

「事務所に入ってすぐ、演技のレッスンを受けるようになったのですが、その稽古場があったのが恵比寿でした。原宿や渋谷より大人が多いから、中学生の私にはちょっぴり居心地が悪くて(苦笑)。

でも、面白いもので、歳を重ねると人間の目線って変わりますね。行列ができるごはん屋さんやお洒落なバーの存在に気づくようになる。お店のレパートリーを増やせたら、きっと楽しいんでしょうね」

今や、女性誌の表紙を席巻し、数多くのCMにも出演する彼女だ。やはり、普段は人目を気にして、なるべく出歩かないようにしているのだろうか。

そう思ったが、去年は恵比寿神社の例大祭にも参加し、こっそり屋台グルメも楽しんだという。


「童心に返った気分で、道端で友達とわいわいできたのが良かった。本当はファストフードやファミレスも好きなんです。あと、お肉も大好物。お肉は私にとって幸せの素なので!」

そして、何かを思い出すような目で、グッと目尻を下げた。

「つい最近、焼肉を食べに行ったんです。白飯の中サイズにニンニク焼き、サラダ、キムチの盛り合わせ。それから、肉をガッツリ焼いて、韓国のり、チャンジャ。美味しかったのでペロリでした。思い出しただけでお腹が鳴りそう(笑)」

聞けば、お菓子も大好き。ポテトチップスを1袋、チョコレート1箱を一気に食べてしまうこともあるそうだ。

食い気を満たしながら体型を維持するには努力が必要。ましてや、超売れっ子のモデルである。我々の想像以上にプロポーションには気を使わなくてはいけないはず。そのコントロール法は気になるところだが……。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo