婚活は、ビジネススクールで!? Vol.2

好条件過ぎる医師との、2度目のデート。結婚の予感に浮かれる女に降り掛かった予想外の仕打ち

次の日、あれから一週間しか経っていないにも関わらず、咲良と祐一は銀座の『六雁』にいた。

『六雁』のキッチンはフルオープンで、中でもカウンター席は、和食の料理人の繊細な所作を眺めることができる特等席である。


咲良がビジネススクールの見学会の話を興奮気味に話すと、祐一は笑顔で聞いてくれた。祐一の絶妙な合いの手で、今日も咲良はずっと笑いっぱなしだった。

すると、ふと祐一の手元から、メールの着信音が聞こえた。

「あれ、そういえば、今日はアップルウォッチなんですね」

前回祐一の腕に巻かれていたのは、パテックフィリップのノーチラスだった。

「あぁ……普段はこれなんですよ。仕事柄、両手が塞がらないのが良いとかで、病院から持たされてるんです。ランニングしたときとかのデータも取れて、結構便利ですよ」

「私も欲しいなって思ってたんです。ちょっと見せてもらってもいいですか?」

外して渡してくれるのかと思いきや、祐一は一歩の咲良の方に近づくと、右手を椅子の背もたれに置き、アップルウォッチをした反対側の左手を差し出してきた。

―ちかっ……。

少し戸惑いつつも、動揺を隠すために水を口に運んだ。

―趣味も合うし、話も楽しいし、ママも喜ぶし……。結婚しても、いいかも。

しかし咲良にはさっきから一つ、気になっていることがあった。咲良は今週28歳の誕生日を迎えるが、それについて一切触れられないのだ。

―気付いてないのかな?釣り書にも書いたんだけどなぁ……。

「また、連絡します」

結局、祐一は最後まで誕生日に触れることはなく、咲良をタクシーに乗せると地下鉄の方に歩いて行った。



翌日、咲良はビジネススクールの第一回目のレポートを送信した。正直、出来栄えはイマイチだったが、送ってしまったものは仕方がない。

夜も10時をまわり、28歳の誕生日まであと2時間。SNSやLINEでは、誕生日のメッセージがポツポツ届き始めていた。

でも祐一に祝ってもらう約束は、今のところない。祐一は学会があるとかで、日本にいないようだ。

―来年の誕生日は、必ず空けておいてもらおう…!

気を取り直して友人たちからのお祝いLINEにせっせと返信していると、着信があった。

ディスプレイに表示された相手は、仲人さんである。きっと今後の付き合いについてだろう。咲良は少し照れくさくなりながらも、電話に出た。

「お世話になっています。いえ、まだ起きていました。大丈夫です。はい?はい……。ええ、母には私から…。あ、そうなんですね。大変お世話になりました。有難うございました。はい、失礼致します」


咲良は、呆然と立ち尽くす。


電話は、思ってもみなかった、祐一からのお断りの連絡だったのである。

―意味がわからない……。あんなにいい雰囲気だったのに、なんで??

咲良は、頭を殴られたような気分でベッドに身を投げると、天井を見上げ、28歳の誕生日の0時を迎えた。

▶Next:3月19日月曜更新予定
お見合いでフラれたショックを引き摺りながらも、ビジネススクールがスタート!

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ男子に質問!エリア別出会いの場アンケート】

丸の内、銀座、六本木、渋谷、恵比寿、中目黒、代官山、表参道、世田谷近辺で
働いている、または住んでいる東カレ男子の皆様!

『異性と出会える店』『仲良くなれる場所』『よく行く店』をぜひお聞かせください。

ご回答いただいた中から抽選で10名様を『オンライン東カレNIGHT』へご招待させていただきます!

※回答所要時間:約2分

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/VTFWNML1

【婚活は、ビジネススクールで!?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo