花の第1営業部 Vol.2

花の第1営業部:代理店マンが夜な夜な開く“会合”には、女には分からぬ駆け引きがあった

数日後、早速今回の競合プレゼンに向けた、キックオフミーティングが行われた。

広告代理店は、社内に様々な専門部署があり、プロジェクトに合わせてチームが編成されていく。

今回は「デジタル戦略が中心のキャンペーン」というオーダーなので、まずはクライアントと向き合う「営業」と、航がいたデジタルの専門部署「デジタルイノベーション部」のメンバーのみで、キックオフミーティングが行われた。

広告代理店は社内に様々な担当部署があるため、時には社内の他部署がライバルとなることがある。

仮に最初のミーティングから新聞担当を招集すると、クライアントは「デジタル戦略」の提案を求めているのに、社内の事情でなぜか新聞広告の提案をせざるを得ない、といったことが起こり得る。

そのあたりを見越して、「チーム編成」から「全体方針の決定」、「個別戦略の立案」までを最終的に責任を持ち、チームをまとめるのが、“チームリーダー”に課せられたミッションだ。


「…、というのが今回のクライアントからのオリエン内容になります。」

チームリーダーである瑛太は、集まったメンバーに対して、クライアントからの要望事項を伝える。

ただし、オリエンではクライアントから「総予算」、「キャンペーンのターゲット」、「実施の時期」など大枠の条件のみが提示されるだけということも多い。

今回もやはり、細かな条件はヒアリングできていないため、早速メンバーから様々な質問を浴びることになった。

「瑛太さん、では今回のキャンペーンのKPIはキャンペーンサイトに、100万UU(ユニークユーザー)を流入させるということで間違いないですか?」

「単純にUU獲得だけでは、今のデジタル戦略のトレンドだとイマイチですかね。その場合、他のクライアントはコンバージョンの獲得をゴールにすることが多いですが、瑛太さん、今のクライアントの求めるコンバージョンはどういったことになりますか??」

デジタルが苦手な瑛太は、そもそも何を質問されているのかもよくわからない。

ただし下手に自分の無知を悟られてしまっては、チームリーダーとしての信頼も下がってしまう。

「えー、それについては…」

瑛太が返答に窮していると、航がスッと立ち上がった。


「ご指摘頂いた通り、単純にUUを獲得するだけの提案では、クライアントは満足したとしても、他の広告会社からの提案に負けてしまう可能性があると思います。

実はクライアントとこの前話しをしていたら【自社サイトへの会員登録】をしてもらえたら、購入につながりやすいというレポートが社内で出たみたいなので、その【自社サイトへの会員登録】をコンバージョンとした戦略で行くのはどうでしょうか?」

立ち上がった航が、淡々と答えた。

その瞬間、その場にいた全員が航を見ながら頷いていた。

「そうそう、俺もそれが良いと思ってたんだよ」

瑛太が必死に絞り出した言葉には、誰も耳を傾けていなかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
瑛太、、女子大生と飲んでる暇あるならデジタル勉強しなよ。飲み会ばっかに頼ってて肝心な事パッパラパーな35なんてエリートでもなんでもないわ!
2018/03/20 06:3999+返信2件
No Name
コンバージョンもわからず代理店やってるなんて大丈夫?笑 そんな人がリーダーなんてリアル感ないなぁ。仕事できる設定なのに、飲み会でもわかりやすくテンション下がるのも、全然ダメじゃん。
2018/03/20 06:0988返信3件
No Name
35歳の大人の男が女子大生と飲むという時点で引く。あとコールがホストみたいでダサい(笑)
2018/03/20 08:4680返信6件
No Name
日本人なんだから日本語で喋れー!さっぱりわからん。
2018/03/20 06:0555返信2件
No Name
自分は〇〇だから、と言って勉強しない人、本の一冊も読まない人は出世しないと思うよ!というか仕事が出来る人だったら、飲む前に気になってそれくらい勉強するはず。
2018/03/20 06:4844
もっと見る ( 60 件 )

【花の第1営業部】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo