リスクを嫌う男 Vol.2

リスクを嫌う男:女には皆、裏の顔がある。超絶好みな25歳小悪魔美女のリスキーな私生活

−保険プランニング−

そのとき、人間の本性が自ずと露わとなる。

その人に適した保険を設計するには、人生計画、金銭事情、価値観、そして家族や異性関係についても…様々なヒアリングを重ねる必要があるからだ。

三上保(みかみ・たもつ/30歳)は、外資系保険会社の保険プランナー。

東京のアッパーな男女たちを数多く顧客にもつ彼は、順調に成績を伸ばし、トップセールスマンとしての地位を確立している。

しかしラブラブすぎる新婚夫妻など、表からは知る由もない男女の内情を目撃するたび「結婚は最大のリスクである」と考えを拗らせていくのだった。


至福のスイーツ


−おお、これが噂の…!

ホテルニューオータニの『SATSUKI』

恭しくサーブされた希少かつ高価なショートケーキを前に、保はひとり心踊らせた。

“エクストラスーパーあまおうショートケーキ”

莓界の王様・博多あまおうを贅沢に使用したこの特別仕様のショートケーキは、なんと一切れ3,000円。

何を隠そう、保はスイーツ男子である。特に、ショートケーキには目がない。

軽くランチを済ませた後、期間中に是が非でも行っておかなければと、ひとりウキウキと食べにやってきた。

−美味すぎる!

しっとりとした食感、きめ細やかなクリームの舌触りの良さ。何より、あまおう苺との完璧なバランスといったら…!

保は存分にその味を堪能し、ひとり満足げに頷くのだった。

…しかし次の瞬間、一本の電話が至福の時を切り裂く。

「…もしもし、三上です」

慌てながら小声で応答すると、耳元で甲高い早口が響いた。

「ああ、三上さん!ちょっと緊急事態で…赤坂のお店にすぐ来られるかしら?30分以内に」

声の主は、田所紗英(たどころ・さえ)。

都内で複数店舗を展開するコルギサロンのオーナーで、月額15万円の積立保険を契約してくれている、そこそこの太客である。

「…わかりました」

保はすべてを諦め、そう答えた。

なぜなら前に一度彼女の要求を断ったら、一体どこからそんな声が…というほど低く野太い声で「ええ?」と凄まれたのだ。

触らぬ神に、祟りなし。

保は残りのショートケーキをほぼ丸呑み状態で食すと、田所の元へと急いだ。

【リスクを嫌う男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo