港区男子のお宅訪問 Vol.2

派手なイメージしかないエリート美容外科医の、意外と“地に足ついた”タワマンライフとは

このマンションの購入の決め手のひとつとなったスパにはあまり行けていないが、半日休みが取れたら愛車のポルシェ・パナメーラを駆り出して近場の温泉へ行くこともしばしば。

昔から大きい車が好きで以前はキャデラックに乗っていたこともある。

見た目以上に重視するのはインテリア。運転しているときの快適度は譲れないが、基本的には車もファーストインプレッションで決めることが多い。


「定番だけど、車ですぐなので箱根が好きです。強羅のあたりの旅館に泊まって、朝早く起きてクリニックに出勤することも。僕なりのリフレッシュ方法です。

あとは那須もいいですね。ブリティッシュライフというインテリアショップがあるんですが、そこで自宅の家具を買って帰ることもあります」

選択肢が多くてもブレずに生きる、シンプルな取捨選択法


ショッピングは好きだが、休暇で海外に行ったときにまとめ買いをすることが多いそう。

好きなブランドはベーシック&シンプルなTOD’S、アイウェアならトム・フォードなど。

時計は仕事を達成した記念として、これまでカルティエやショパール、IWCやBELL&ROSSなど、そのときの気分にしっくりくるものを購入してきた。

タワマンと同じように、鉄さんのポリシーは「運命を感じたら、即決する」こと。


「いずれは日本の美容技術を中国にも広めていきたいと思っています。日本の技術は世界でもトップクラス。技術の進歩に比例して、整形に対してのネガティブなイメージもだいぶ少なくなってきています。

美しくありたいと思うのは人間として大切な感情。それを第一線で支えられる医者でありたい」


最近は中国のメディアからのオファーも多く、中国版Twitterのweiboではフォロワー数が10万人を超えた。

鉄さんがこの部屋を拠点に、中国と日本の美の架け橋をつなぐ日も近いのかもしれない。


▶NEXT:3月17日 土曜更新予定
家賃100万以上の高層階に住む、港区ドリーマー登場!

【港区男子のお宅訪問】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo