恵比寿で本気の鮨デートならここだ!エビージョが恋に落ちる名店!

「おまかせ」(1人前16,000円~)

今、恵比寿で注目を集めているデートスポットといえば『鮨竹半 若槻』だろう。

「スプーンの上に大きなアワビが…!」や「あんきもバーガーって何?」など話題を集め、今女子が誘われたら嬉しい名店のひとつなのだ。

今回はコースの一部とともに、『鮨竹半 若槻』の魅力に迫りたい。

この日の一貫目は軽くスモークし、出汁に漬けた粒マスタードを添えた「寒鰆」

移転リニューアルしさらに魅力を増した名店

2017年6月に移転リニューアルし新たな装いで再スタートを切った『鮨竹半 若槻』。

二代目である若槻剛史氏は、先代から受け継いだ江戸前の仕事を基本に、時代に合わせたコースを提案。

コースは、握りの合間に、おつまみを挟みながら約24品で構成。いいリズムで次々と繰り出される逸品は、それぞれ強烈な印象を残してくれる。

「しじみのスープ」

手渡し提供の一貫目から期待値を高めてくれる

お客様とのファーストコンタクトである一貫目は、手渡しで。「鮨屋であるからには、鮨からスタートしたい」という想いから、季節感のある一貫から始まる。

一貫目の「寒鰆」の美味しさの余韻に浸っていると、運ばれてくるのは「しじみのスープ」。

こちらは島根県宍道湖で水揚げされる上質なしじみを使用。椀の蓋を開けた瞬間に立ちのぼる香り、滋味深く、旨みが詰まった一杯だ。

「しめ鯖の握り」

天豆、桜鯛刺を味わった後は、「しめ鯖の握り」。

切り身を三枚重ね、バッテラ昆布、デザイン性を意識し、鯖のお腹の部分の切り身を上にのせるというビジュアルも『鮨竹半 若槻』ならではのもの。

軽めにしめられ、鯖の身のぷりぷり感を存分に楽しむことができる一貫である。

「蒸しあわびの肝ソース掛け」

これを食べに来たという人も多い名物がこちら!

手渡し提供2つ目である「平貝磯辺焼」や「さよりの昆布〆」が出てくる頃には、初訪問の緊張もほぐれ、すっかり『鮨竹半 若槻』が創り出す美味しい空間の虜に。

そんなお客の心を察したかのように登場するのが「蒸しあわびの肝ソース掛け」。うにを混ぜ込んだシャリの上に、柔らかく蒸した黒鮑を乗せ、濃厚な肝ソースを掛けた逸品で、心をグッと鷲づかみにされてしまう。

この部分は、入荷状況とお客様の希望次第ではあるが「あん肝バーガー」が登場することも。シャインマスカットとあん肝を最中で挟んだ、若槻氏オリジナルの逸品。

意外な組み合わせであるが、これが絶品。1度目は「蒸しあわびの肝ソース掛け」、2度目は「あん肝バーガー」と何度も訪れたくなる。

「あん肝バーガー」

コースの中に2回ペアリングのお酒が登場するのも嬉しい。「蒸しあわびの肝ソース掛け」or「あん肝バーガー」にはロゼを合わせて召し上がれ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo