牛タンは厚切りがうまい!肉汁ジュワっとあふれる極厚タン7選!

焼肉を楽しむ時、欠かせない存在なのが「牛タン」。

注文の最初に“とりあえず牛タンとビール!”が幸せという方も多いのではないだろうか?

その美味しさをダイレクトに味わえるのはやっぱり「厚切り牛タン」!サクッとした歯触りと肉汁を口いっぱいに味わおう!

柔らかくジューシーな極上の「牛タン塩」(¥1300)

肉厚なのに柔らかジューシー! 『永秀 三軒茶屋店』極上の「牛タン塩」は必食!

渋谷区神泉に本店を構える焼き肉の名店『永秀』が2016年5月に2号店となる 『永秀 三軒茶屋店』をオープンし人気を博している。

この店の名物は「牛タン塩」だ。タンの中心部分の柔らかく、風味のよい部位のみを提供。焼き上がったタンを頬張ると、その柔らかさに驚愕するだろう。

「仕入れるタンは1.5kgほどですが、最も柔らかな部分は400g程度。よそだと特上牛タンとして提供するような部分のみ、うちでは使用します」と店長・今井氏。

部位を選ばすに提供している焼き肉店では、かみ切れず一枚を押し込むように食べることになりがちなタン。『永秀』ならそんな心配は無用。すんなりかみ切れ、分厚いのにとろけるよう!特上クラスの牛タンが、普通の「牛タン塩」(¥1,300)で楽しめるのだ!

特製の塩だれで味付けされたタンは、レモンのみを搾って食べるのもおすすめだが、お店で用意される塩だれを付けて食べるのもおすすめ。

「牛タン塩」はビールもグイグイ進むはず。

このくらいの焼き加減がベスト!タンの柔らかさを堪能できる。

じっくりよく焼きが鄭さん流。独特の風味が生まれる。ここではお店のスタッフが焼きを担当

超極厚なタンは食べごたえ満点!『ホルモン船ホールちゃん』

〝生の肉しか使わず、仕入れたものはその日に使い切る〞がモットーのご主人、鄭 寿福さん。鄭さん曰く「タンの最大の魅力は歯応えです。サクサクとした食感を大切にしています」。その言葉通り、おおよそ1cm程の厚さながら、歯応えの小気味良さと柔らかさは秀逸。

タン元のいい部分しか使わないため、1本でとれるのはせいぜい10枚程度。アラカルトはなく料理は全て1万円からのコースに含まれる

更に肉汁の、どこかソーセージにも似た独特の風味が印象的だ。それも、脂が表面に滲み出るまでじっくりと焼き上げる鄭さん流の焼き方なればこそ。

「牛タンステーキ」は更に分厚いが旨い!

最近では、更に分厚くカットし、蒸し焼きにする〝タンステーキ〞も新メ二ューに登場。牛タン好きの舌を喜ばせている。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo