予定がなければ直帰なんてもったいない!デキる30代の銀座のいきつけ和食3選

賑わうビルの上階で高次元の肴と酒を提供
『銀座KAN』

銀座のベルビアという商業施設にありながら、本格的な和食が楽しめる『銀座KAN』。何より、あの『並木橋 なかむら』の姉妹店であるから、その実力は折り紙付きだ。

オープンキッチンで奥行も十分の広々としたカウンターに座り、躍動する3人の料理人を眺めているだけで、張り詰めた心は自然とフラットになる。オープンキッチンで奥行1m弱もある広いカウンターが特等席。

溌剌としたサービスに、強ばった体はほぐれ、傾ける一献で日頃の責務から完全に放たれる。

「お造り盛り合わせ」1人前¥1,500~、「ポテトサラダ」¥800。その日の仕入れで変わる日替わりメニューも用意。今日の刺身は対馬・戻り鰹の藁たたきなど。日本酒は一合¥900~

味わいもまた抜群。刺身に鉄板焼、揚物まで何でもござれの気安さだが、完成度は高く、真っ当な仕事っぷり。パンチェッタ&粒マスタード入りのポテサラなど、創意が光る逸品もあって、どれも大の大人が首肯する旨さ。

しかも望めば、土鍋ごはんでも一合から炊いてもらえるなど、ひとり客にもうれしいもてなしが。

「こんな店があったんだ」。漏れる安堵の息。知っているだけで、夜のひとときが豊かになる一軒だ。

「ずわい蟹といくらの土鍋ご飯」¥3,500(1合)。毎月3種ほどそろう

とろける旨さの「和牛いちぼ鉄板焼100g」¥2,700

バランスよくデートにも使える一軒
『とりや 幸』

〝銀座で焼き鳥〞といえば、いわゆる〝赤ちょうちん〞的な老舗が多数点在している。いずれも名店ぞろいだが、反面、そうした店では人生の諸先輩方が幅を利かせている場合が多く、少々寛ぎづらい、ということも。

私たち世代にフィットする雰囲気と、満足できるクオリティ。そのバランスが秀逸な一軒が『銀座とりや幸』。

「串7本コース」¥2,500は、もも、むね、砂肝、血肝(レバー)など。つくねは名古屋コーチンの卵黄付きだ

店内は、シンプルシックな雰囲気。そして焼き鳥も、一羽買いの比内地鶏や鳥取「匠の大山鶏」を吟味し備長炭で焼き上げて……と、抜かりなし。

加えて「もも」は、皮をいったん身から剥がし、同じサイズに切りそろえてミルフィーユ状に串を打つ。ぱさつきがちな「むね」も、皮を巻くことでしっとりとした味わいに、とそれぞれ、小技が利いている。

〆は限定の比内地鶏の親子丼やそぼろ丼を。

カウンターのみで、ひとりで立ち寄りやすいのは言わずもがな。ここなら女性をエスコートしても喜ばれること確実だ。

「名古屋コーチン厚焼き玉子」¥800。濃厚な卵をたっぷり3つ使って焼き上げる。木のナイフが添えられ、自分で好きな厚さにカットする趣向も楽しい

稀少銘柄の日本酒のほか、焼酎、ワインなどアルコールのラインナップも充実

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

脱シニア!私たち世代がリアルに使える銀座だけ掲載!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo